工藤氏は、「毎年1500~2000人が支援を受けるため新規登録する」という
工藤氏は、「毎年1500~2000人が支援を受けるため新規登録する」という

返却スーツを就活の若者へ無償提供 レナウンがNPOとタッグ

2019年09月27日
  • レナウンは月額制スーツレンタルサービス「着ルダケ」を活用した新プロジェクト「Wear For The Future」を開始。写真はレナウン執行役員マーケティング&コミュニケーション統括部長兼UX事業部長の中川智博氏(左)と、認定NPO法人育て上げネット理事長の工藤啓氏(右)
  • 工藤氏は、「毎年1500~2000人が支援を受けるため新規登録する」という
  • プロジェクト概要。ブラックカラースーツは無償提供し(左)、それ以外のスーツはチャリティーサイトでの売り上げを寄付する
  • 新プロジェクトで若年層支援と「着ルダケ」の潜在顧客の開拓を狙う