ロレックス創立者によるスイスの腕時計ブランド「TUDOR(チューダー)」が、日本初の路面旗艦店「チューダー ブティック 銀座」をオープンした。オープニングセレモニーには、ラグビーニュージーランド代表の「オールブラックス」のメンバーが登場し、会場を沸かせた。

「チューダー ブティック 銀座(TUDOR BOUTIQUE GINZA)」のオープニングに駆けつけたオールブラックスのメンバー
「チューダー ブティック 銀座(TUDOR BOUTIQUE GINZA)」のオープニングに駆けつけたオールブラックスのメンバー

世界最高のラガーマン、ボーデン・バレット選手登場

 2018年10月、正式に日本上陸を果たした「TUDOR(チューダー)」。「ROLEX(ロレックス)」の創立者ハンス・ウイルスドルフが1926年に設立した腕時計ブランドだ。それから約1年たった19年9月14日、銀座6丁目の並木通りに路面旗艦店「チューダー ブティック 銀座(TUDOR BOUTIQUE GINZA)」を開店した。オープニングセレモニーには、チューダーのアンバサダーを務める、ラグビーニュージーランド代表の「ALL BLACKS(オールブラックス)」のメンバーが登場した。

テープカットをする日本ロレックス チューダー ブランドマネージャーの渡辺尚有氏(写真左)とオールブラックス
テープカットをする日本ロレックス チューダー ブランドマネージャーの渡辺尚有氏(写真左)とオールブラックス

 オープニングセレモニーには、多くの報道陣や関係者が詰めかけた。ラグビーで最も有名なチームの1つであるオールブラックスを一目見ようと、足を止める人々も後を絶たなかった。テープカットの後は、日本ロレックス チューダー ブランドマネージャーの渡辺尚有氏、オールブラックスCCO(Chief Commercial Officer)のリチャード・トーマス氏、16年から2年連続で世界最優秀選手に選ばれたボーデン・バレット選手が、報道陣に向けてスピーチを行った。

オールブラックスCCOのリチャード・トーマス氏。「2017年にチューダーとオールブラックスのパートナーシップが始まり、これまでの2年間でつながりを強化してきた」と述べた
オールブラックスCCOのリチャード・トーマス氏。「2017年にチューダーとオールブラックスのパートナーシップが始まり、これまでの2年間でつながりを強化してきた」と述べた
現在、世界最高のラガーマンの1人であるボーデン・バレット選手。「チームメンバーと歴代のオールブラックスにとって象徴的な時計の発表会に参加できてうれしく思っている」と話した
現在、世界最高のラガーマンの1人であるボーデン・バレット選手。「チームメンバーと歴代のオールブラックスにとって象徴的な時計の発表会に参加できてうれしく思っている」と話した

記念モデルが初回生産「1181個」の理由

 同日、チューダーがオフィシャルタイムキーパーを務めるラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を記念し、「ブラックベイ クロノ ダーク」も発売された。これはオールブラックスがアンバサダーとして身に着けている「ブラックベイダーク」に、クロノグラフ機能を搭載したモデル。1884年にオールブラックスが創立されて以来、現在までに選出されてきた人数と同数の「1181個」を初回生産する。ケースバックにはシリアルナンバーを刻印。今後も選出メンバーが増えるたびに、追加生産する予定だという。

「ブラックベイ クロノ ダーク」(58万3334円・税別)。ブラックカラーは黒のユニホームのオールブラックスをほうふつさせる
「ブラックベイ クロノ ダーク」(58万3334円・税別)。ブラックカラーは黒のユニホームのオールブラックスをほうふつさせる
「ブラックベイ クロノ ダーク」を囲む3人。左から渡辺氏、バレット選手、トーマス氏
「ブラックベイ クロノ ダーク」を囲む3人。左から渡辺氏、バレット選手、トーマス氏

 渡辺氏は今回の商品を「強くて賢く、そして謙虚な姿勢のオールブラックスをイメージした」と紹介した。

 前大会チャンピオンの称号を引っさげ、ラグビーワールドカップ2019で注目が集まるオールブラックス。19年9月21日には強豪南アフリカを退け、史上初の3連覇に向け幸先のいいスタートを切った。この勢いにあやかり、チューダーも高級時計メーカーが立ち並ぶ銀座の並木通りで注目を浴びたいところだろう。

(写真/梶塚美帆)