顔に貼るだけで洗顔からスキンケア、化粧下地まで済ませられる朝専用シートマスク「サボリーノ 目ざまシート」。累計4億枚を売り上げた同商品の新シリーズとして、夜用のシートマスク「サボリーノ オトナプラス 夜用チャージフルマスク」を発売する。夜でも時短を訴求する狙いとは。

「サボリーノ オトナプラス 夜用チャージフルマスク」(32枚入り、税別1600円)。2019年9月20日にPLAZA、ロフトのオンラインストアにて先行発売。2019年10月15日からバラエティーショップ限定、数量限定で発売
「サボリーノ オトナプラス 夜用チャージフルマスク」(32枚入り、税別1600円)。2019年9月20日にPLAZA、ロフトのオンラインストアにて先行発売。2019年10月15日からバラエティーショップ限定、数量限定で発売

 雑貨や化粧品を扱うスタイリングライフ・ホールディングス(東京・新宿)傘下のBCLカンパニーが開発した「サボリーノ 目ざまシート(以下、サボリーノ)」は、2015年4月に発売された朝専用のシートマスク。使い方は蓋付きのパッケージから取り出したシートマスクをそのまま顔に貼り付けて密着させ、60秒後に剥がすだけ。洗顔からスキンケア、化粧下地まで済ませられるので、その後に日焼け止めやファンデーションを塗るだけでメイクが完了するという「時短」商品だ。

 20代を中心とした働く女性からの支持を得て、19年8月末に累計販売4億枚を達成。現在は中国をはじめアジアや欧米など、世界各国で販売している(関連記事「働く女性に『サボろう』と提案 新市場を切り開いたマーケ術」)。

 これまで市場になかった「朝専用」という切り口の目新しさに加え、そのユニークなネーミングもヒットの大きな要因となった。同商品はスキンケアの手間を省くことを「サボる」と表現。どこかマイナスのイメージがあるフレーズを「サボリーノ」というふんわりした商品名に変換してスキンケアの時短を肯定した。シートマスクから始まったサボリーノは時短ケア商品としてブランド化し、日焼け止めスプレーやシャンプー、夜用シートマスクなども展開。いずれも好調な売れ行きだ。

 そのサボリーノが新たに提案するのは、30代以上の女性に向けた、夜のスキンケアの時短だ。19年10月15日に発売する「サボリーノ オトナプラス 夜用チャージフルマスク(以下、オトナプラス)」は化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの5種類の機能を詰め込んだ夜用シートマスク。「60秒でスキンケアが完成する」というサボリーノのコンセプトは変わらない。だが、従来品のターゲットが20代であるのに対し、オトナプラスはその上の世代を狙う。