2019年9月に開催された欧州最大の家電見本市「IFA2019」に、蔦屋家電エンタープライズの敏腕バイヤー、木崎大佑氏が参加。サムスン電子が投入した折り畳みスマホからパナソニックの「未来のテレビ」、スタートアップ各社による斬新なガジェットまで、最新家電トレンドをバイヤー目線でリポートする。

蔦屋家電エンタープライズ木崎氏のIFAリポートは、18年に続き2回目
蔦屋家電エンタープライズ木崎氏のIFAリポートは、18年に続き2回目

 蔦屋家電エンタープライズで家電製品の調達や、新業態「蔦屋家電+(プラス)」のプロデュースなどを担う、木崎大佑です。日経クロストレンドのアドバイザリーボードも務めています。今回は、18年のリポートに続き、ドイツのベルリンで開催されたIFA2019に参加し、バイヤー目線で最新の家電トレンドをお伝えしたいと思います。

蔦屋家電エンタープライズの木崎大佑氏
蔦屋家電エンタープライズの木崎大佑氏

「IoT? そんなの当たり前でしょ」

 まず最初は、あらゆるモノがネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)の話題です。「いまさら?」と感じるかもしれませんが、日本ではまだまだ普及が進んでいません。私の周囲でも、自宅で使いこなしている人はほとんどいない。

 それもそのはず、主なハブ端末の1つとなるスマートスピーカーの日本での所有率は、米国と比較して5分の1程度と言われています。年々、普及率は上がってきているものの、まだまだ皆さん、様子見の状況でしょう。実際、蔦屋家電の店頭に立って来店客にヒアリングをしたことがありますが、「まだスマート接続できる家電製品が少ないから、持っていても使いようがない」という声を多く聞きました。

 一方、IFA2019の展示を見渡すと、ほぼすべてのメーカーのブースにおいてIoTをことさらに訴求しているところはもうありませんでした。それはIoTのトレンドが過ぎ去ったのではなく、すでに「当たり前の機能」だから特段アピールすることでもない。そんな印象を受けました。来場客を見ても、「ネットに接続できる家電」だからと言って、驚くような人はもういません。

 日本でスマート家電を普及させるには、「これだ!」というような強烈なインパクトを持つプロダクトの登場、またはハイエンド機の付加機能としてではなく、低価格帯モデルから搭載させるなど、作り手側の攻めの一手が必要なのかもしれません。

独ボッシュの展示ブースには、「Hey, we are connected!』の文字が。調理家電を中心に展示されているが、特別な物珍しさは感じない
独ボッシュの展示ブースには、「Hey, we are connected!』の文字が。調理家電を中心に展示されているが、特別な物珍しさは感じない
家中の家電がネットワークにつながるという提案ブース。現状でも、ひと通りのネットワーク化対応が済んでいるので、「こんなモノまでつながるの⁉」という新しさが求められる
家中の家電がネットワークにつながるという提案ブース。現状でも、ひと通りのネットワーク化対応が済んでいるので、「こんなモノまでつながるの⁉」という新しさが求められる

「スマート農業」への注目度アップ

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>