さまざまな交通手段が乗り放題となる「定額制MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」が普及したら、消費はどう動くのか。ジェイアール東日本企画(東京・渋谷)が2019年9月4日、独自の調査結果を明らかにした。行動範囲が広がり、消費額は増えるという未来が垣間見えた。

定額制MaaSによって通勤客の行動パターンは変わるか(写真/Shutterstock)
定額制MaaSによって通勤客の行動パターンは変わるか(写真/Shutterstock)

 1日乗車券、ワンデーパス、フリー切符……ある特定の路線が乗り放題となる企画切符は全国津々浦々にある。では、列車やバス、タクシー、シェアサイクルなど、あらゆる移動手段を自由に組み合わせ、「定額乗り放題」で移動できる時代が訪れたらどうなるか。人々の行動範囲や消費意欲の変化を追ったのは、ジェイアール東日本企画駅消費研究センター。都心型駅ビルにおける消費や購買動機を研究するため、2008年に設立されたJR東日本系のシンクタンクだ。

 今回、モデルケースとしたのは東京23区内。住民へのグループインタビューで見えたのは、交通網に大きな不満はない一方、交通費の負担を重く感じる人が多く、遠出する障壁になっているという現実だった。1回の乗車は数百円でも積み重なると結構な額になる。「行きたくても行かない」「ちょっとした用のために出かけるのをためらう」「行動が定期券区間内にバターン化している」。そんな声が多く上がった。

 では、交通費の負担感をなくしたらどうか。これが今回の実験である。20代女性、30代男女、40代男性という4人の有職者に3万円がチャージされた交通系ICカードを支給。5キロ圏内の移動はタクシー乗車も可とし、約1カ月間の行動を追った。実験後に日記式の行動記録とアンケートの提出を義務付け、さらに実験中の行動心理をデプスインタビューで探った。

定期圏外へ行動拡大、生活満足度も上がる?

 如実に変化が表れたのは、外出頻度だ。「具体的な用事がなくても、ちょっと気になったところに行ってみようという気持ちになった」(20代女性)、「時間の余裕さえあればノリで行ける。東京23区って狭いなと感じた」(40代男性)。仕事帰りの寄り道が増え、行動範囲も定期券区間外へと広がった。

 店選びの視点も変わった。「ちょっと離れてもおいしいところがないかなと探すようになった。行きたいところに行くようになったので単価が高くなった」(30代女性)。アクセスの良さを第一に考えるのではなく、自らの好みに合う、品ぞろえのいい店に足が向くようになり、結果として消費額も増えたという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>