世界的に問題となっているプラスチックごみ。これを解決すべく「ドリンクをシェアする」という新市場を開拓し、ビジネス化を目指す企業がBOTLTO(ボトルト、東京・渋谷)だ。消費者はマイボトルを持ち歩き、町の飲食店が中身だけを販売する“ドリンクシェア”は社会に浸透するだろうか。

BOTLTOを導入する代官山の「Spice & Cafe FamFam」では、店のカウンターに販売するドリンクを設置。入り口でアプリの画面を見せながら「これを下さい」とスタッフに伝えてマイボトルを渡すと、ドリンクを入れてくれる
BOTLTOを導入する代官山の「Spice & Cafe FamFam」では、店のカウンターに販売するドリンクを設置。入り口でアプリの画面を見せながら「これを下さい」とスタッフに伝えてマイボトルを渡すと、ドリンクを入れてくれる

きっかけはプラスチック問題

 環境意識の高まりから、マイボトルにお茶などを入れて持ち歩いている人もいるだろう。ボトルトが始めた「BOTLTO」は、ドリンクの中身だけを販売する“ドリンクシェアリングサービス”。マイボトルがあれば、飲食店などで提供している水やデトックスウオーター、ハーブウオーターといった店独自の飲料を購入できる。また今後はコーヒーや紅茶、各種ジュース、さらには酒類などの提供も視野に入れているという。

 主なターゲットはおしゃれや自分磨きに興味があり、環境志向が高い21~49歳の女性。利用方法はシンプルで、スマホに専用アプリをダウンロードし、クレジットカード払いでお金をチャージして各店が発行するドリンク券を購入する。後は店舗でドリンク券の画面を見せて、マイボトルに飲み物を注いでもらう。

地図検索や位置情報の利用で近隣の店舗を検索。店のページを開くと、メニューが表示される
地図検索や位置情報の利用で近隣の店舗を検索。店のページを開くと、メニューが表示される
ドリンク券を購入すると「商品券」にチケットがたまる。それをスタッフに見せてマイボトルを渡せば、ドリンクを注いでもらえる。店員が見やすいように画面が上下逆になっている
ドリンク券を購入すると「商品券」にチケットがたまる。それをスタッフに見せてマイボトルを渡せば、ドリンクを注いでもらえる。店員が見やすいように画面が上下逆になっている

 ボトルトは2019年4月にアプリを開発し、同年6月から渋谷区代官山エリアに絞って実証実験を展開している。アプリの動作確認だけでなく、環境意識が高い店やユーザーなどの数を把握し、このサービスでどういう変化が現れるのかについて調査中だ。

 19年9月6日現在、代官山では5店舗で購入でき、ドリンク1杯の値段は80~300円(税込み)。値段は容量によって異なり、300ミリリットル、500ミリリットル、700ミリリットルと、マイボトルのサイズに合わせて選べる。

 ボトルト代表取締役COO(最高執行責任者)の飯田百合子氏によると、開発のきっかけは、ペットボトルをはじめプラスチック問題に対する解決の糸口になりたいとの思いからだという。

 「日本国内では年間230億本、1秒間に約740本のペットボトル飲料が消費されているといわれている。日本では約9割が回収されているので『リサイクルしているのだろう』と思いがちだが、国内ではほとんど再生されず、中国や東南アジアに輸出しているのが現状。埋め立てや焼却などを繰り返し、大気汚染や海洋汚染を引き起こしている」(飯田氏)

ボトルト代表取締役COOの飯田百合子氏
ボトルト代表取締役COOの飯田百合子氏

 マイボトルユーザーの中には、「家でドリンクを入れ、会社まで持っていくのが重くて大変」「飲み終えるとペットボトル飲料を買って移し替えることが多く、矛盾を感じている」といった不満を抱える人もいる。こうしたマイボトル活用の課題を解決し、ペットボトルを削減するためにサービス開発に取り掛かった。

 非営利団体であるNPO法人ではなく、あえて事業として始めたのにも理由がある。

 「富士経済(東京・中央)の調査によると2017年の清涼飲料市場は水やジュースなどを含めて約5兆円で、ミネラルウオーターだけでも約3600億円の市場規模がある。カフェやコンビニエンスストアなどでドリンクの中身だけを購入できる『持ち帰り飲料市場』があると仮定し試算すると、約3000億円規模になることが分かった。ビジネスとして高い可能性を感じている」(飯田氏)

 全国魔法瓶工業組合の調査によるとマイボトルは年間2000万本売れており、「容器を持つ行動が普及しているなら、中身を入れる市場もこれから伸びていくはず」と飯田氏は期待する。

購入に応じて削減できたペットボトルの本数が表示され(特許申請中)、一定数に達するとステッカーが現れ、プレゼントがもらえるなどの特典が付く
購入に応じて削減できたペットボトルの本数が表示され(特許申請中)、一定数に達するとステッカーが現れ、プレゼントがもらえるなどの特典が付く