資生堂は2019年8月29日、オープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」への採択企業3社を発表した。3社から見えてくる狙いは、ヘルスケア分野とデータ活用の拡大だ。fibonaの取り組みの1つ、「スピード感のあるβ版の市場投入」を実現するために、クラウドファンディングサービスを提供するマクアケ(東京・渋谷)との協業も発表した。

19年7月の募集で3社が採択された。これから企画の段階に入るとし、最長3カ月をかけ企画を練るという
19年7月の募集で3社が採択された。これから企画の段階に入るとし、最長3カ月をかけ企画を練るという

 fibonaは資生堂が19年7月に発表したオープンイノベーションプログラム。資生堂との連携機会を探るベンチャーを募集し、新商品やサービス開発につながるイノベーションの種を見つけ出すのが狙いだ。19年7月1~26日にかけて応募を募り、約50社の応募企業の中から採択企業3社を発表した。

 fibonaは4つの活動プランで構成されている。

  • 1.スタートアップ企業とのコラボレーション
  • 2.生活者とのコラボレーション
  • 3.スピード感のあるβ版の市場投入
  • 4.新たな研究風土醸成
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>