日本IBMが高齢化社会へ向けた幅広い取り組みの一環として、同社のAI「IBM Watson(ワトソン)」を活用して「第二の人生(セカンドライフ)」の適職を診断するアプリケーションを開発。国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏を招いて先行体験会を実施した。

好きな音楽と、それをどんなときに聴くかという質問に答える国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏。このアプリケーションには自由文で答える質問も用意されている
好きな音楽と、それをどんなときに聴くかという質問に答える国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏。このアプリケーションには自由文で答える質問も用意されている

シニアの活力を社会に活用するために

 日本IBMは「高齢化社会に希望を」という目標を掲げ、いくつかの大学や企業とさまざまな取り組みを行っている。2019年8月27日に公開した適職診断アプリケーション「Meet Your Second Life」は、東京大学と共同で行っているシニアの活力を社会に生かす研究で培われた技術や、各企業と共同開発したシステムが活用されている。

 東大との共同研究では、日本の高齢者の労働に対するモチベーションが高いことに着目。シニア世代の8割に達するという“アクティブシニア”が社会を支える仕組みを確立することで、実質的な意味で「人口ピラミッドをひっくり返す」ような社会システムを構築するのを狙いとしている。

 そのためには労働意欲を持ったシニア世代と、労働力を求める職場とのマッチングが必要だ。しかし現状はシニア側、職場側、それぞれの情報がデータ化されていない。働き手と仕事をマッチングさせる現状のシステムが、基本的にシニア世代“以外”を対象としているからだ。新しい働き方を支える新たなテクノロジーを開発したとしても、それがシニアに活用されないという問題もある。

 日本IBMはこうした問題を解決するための実証実験や、シニア世代と職業とをマッチングさせるシステムを開発してきた。その成果を基に作られたのが、今回の適職診断アプリケーションだ。

適職診断アプリケーションについて解説する日本IBMマーケティング&コミュニケーション ブランド推進・宣伝の浅里乙香氏
適職診断アプリケーションについて解説する日本IBMマーケティング&コミュニケーション ブランド推進・宣伝の浅里乙香氏

 実証実験でより明らかになったのは、シニア世代はスマートフォンやタブレット端末といったIT機器を手にしても、必要な機能を使うのに終始し、新たな機能やアプリを積極的に使いこなすのが苦手な傾向があるということ。例えばメールに対する返信はできても、積極的に自分からメールを送ることが苦手な人が少なくないという。シニア世代は新技術に対して受け身な人が多いのだ。

 今回の適職診断アプリケーションには、そうした活動から得た知見が生かされているという。その一例が音声入力による一問一答形式の採用だ。音声入力ならITスキルが高くなくても利用しやすい。実際、受け身の高齢者に対して質問を積極的に投げかけ、一問一答形式で返答してもらったところ、好結果が得られたそうだ。

今回発表された適職診断アプリケーションは東大と進めるプロジェクトから着想を得ている
今回発表された適職診断アプリケーションは東大と進めるプロジェクトから着想を得ている
■変更履歴
本文中、担当者の氏名に誤りがありました。「浅利乙香氏」とあったのは「浅里乙香氏」の間違いでした。本文は修正済みです。お詫びして訂正します。[2019/09/03 13:55]