フリマアプリ大手のメルカリが、サッカーJ1・鹿島アントラーズの経営権を取得。小泉文明社長が、鹿島の社長も兼任することとなった。リーグ最多の優勝8回を誇る強豪の取得額は、たったの16億円。“身売り”ともささやかれる中、新経営体制のトップ3が、その「真意」を語った。

 2019年7月30日、驚きのニュースが飛び込んできた。フリマアプリ大手のメルカリが、サッカーJ1リーグの鹿島アントラーズを買収するというものだ。鹿島は国内タイトル19冠を誇り、18年はACL(アジアチャンピオンズリーグ)でも優勝を果たした強豪。これまでも新興企業によってスポーツチームが買収される事例はいくつかあったが、伝統ある“常勝軍団”が買われたことは、サッカー界以外にも衝撃をもたらした。

 メルカリは、運営企業・鹿島アントラーズ・エフ・シーが発行し、日本製鉄が保有していた全株式72.5%のうち61.6%を16億円で取得。そして今日、8月30日に公正取引委員会の承認を得て、正式な鹿島の親会社となった。鹿島の18年の営業収益は73億3000万円。J1ではヴィッセル神戸、浦和レッズに次ぐ第3位の規模で、5億8300万円の営業黒字を上げる。将来は「100億円クラブ」となることも目指しており、メルカリにとっては“お買い得”な買い物だったといえそうだが、なぜ小泉氏は今回の買収に踏み切ったのだろうか。

メルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏。早稲田大学商学部卒業。2003年大和証券SMBC(現・大和証券)入社。投資銀行本部にてインターネット企業の株式上場を担当した後、07年ミクシィ入社。取締役執行役員CFOに就任しコーポレート全体を統括。退任後はベンチャー企業を数社支援し、13年12月メルカリに入社。14年同社取締役に就任。17年4月から現職
メルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏。早稲田大学商学部卒業。2003年大和証券SMBC(現・大和証券)入社。投資銀行本部にてインターネット企業の株式上場を担当した後、07年ミクシィ入社。取締役執行役員CFOに就任しコーポレート全体を統括。退任後はベンチャー企業を数社支援し、13年12月メルカリに入社。14年同社取締役に就任。17年4月から現職

新規顧客層の開拓に鹿島のブランド力を生かす

 その関係は16年のFIFAクラブワールドカップにまでさかのぼる。J1王者として開催国枠で出場していた鹿島は“台風の目”となり、スペイン・レアルマドリードと決勝で対戦。惜しくも準優勝に終わったが、一時はリードを奪うなど世界屈指のチームを相手に奮戦した。メルカリで「日本発グローバル」を目指していた小泉社長はこの試合を観戦し、その戦いぶりに共感。17年4月にはクラブオフィシャルスポンサー契約を締結した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>