少子化も、グローバル企業からの警告やクレームもなんのその。老舗駄菓子メーカーのオリオン(大阪市淀川区)の商品が今、再び注目を浴びている。「ココアシガレット」と聞けば、食べた記憶のある大人も多いだろう。1個30円の菓子に訪日外国人が群がる。人気シンガーのSNS投稿も追い風に。

1951年発売のオリオンの看板商品「ココアシガレット」。ハッカの香りとココアの風味が口の中に広がる砂糖菓子で、最近は禁煙グッズとして大人にも好評
1951年発売のオリオンの看板商品「ココアシガレット」。ハッカの香りとココアの風味が口の中に広がる砂糖菓子で、最近は禁煙グッズとして大人にも好評

品薄状態が続き、業績は好調

 子供の頃、十円玉を握り締めて近所の店へ買いに行った駄菓子には、大人の心もひきつける魅力がある。昔懐かしい駄菓子屋への郷愁に加え、病みつきになる独特の味と、たった数十円で得られる充足感が、駄菓子好きに長く愛される人気の理由だろう。

 とはいえ、商品単価30~100円という薄利多売のビジネスが時代を超えて存続するには、経営戦略上の秘訣があるはず。そこで老舗駄菓子メーカーのオリオンに取材すると、ロングセラー商品が再ヒットする、SNS時代ならではの“売れる条件”が見えてきた。

大阪市淀川区のオリオン本社。本社内の工場では主に「梅ミンツ」を製造している。インバウンドとSNS効果で売り上げを伸ばしている
大阪市淀川区のオリオン本社。本社内の工場では主に「梅ミンツ」を製造している。インバウンドとSNS効果で売り上げを伸ばしている

 オリオンといえば、缶飲料をかたどったコーラ味のラムネ菓子「ミニコーラ」や、たばこのPeaceを思わせるパッケージの砂糖菓子「ココアシガレット」などのパロディー菓子で知られる菓子メーカー。森永製菓から独立したメンバー3人が、戦後まもない1948年に創業。以来、子供に夢を提供することをモットーに商品開発に取り組み、数々のヒット商品を生み出してきた。

 商品開発のコンセプトは「見て楽しい、もらってうれしい、食べておいしい、また欲しいの4C(フォーシー=星)」。「そこに作る人たちの魂が加われば、オリオンのトレードマークでもある5つ星の商品が生まれる」と、常務取締役・企画本部長の高岡五郎氏は得意顔で話す。

1978年発売のロングセラー商品「ミニコーラ」をはじめとするミニシリーズ。缶飲料をかたどった小さな容器に、コーラ味やピーチ味などのラムネが入っている
1978年発売のロングセラー商品「ミニコーラ」をはじめとするミニシリーズ。缶飲料をかたどった小さな容器に、コーラ味やピーチ味などのラムネが入っている

 そんな歴史のある老舗メーカーの同社が、ここ数年、売り上げを伸ばしている。2018年度の年商は16億4000万円。ここ2、3年は生産が追いつかず、品薄状態が続いているという。「これまで残業でしのいできたが、働き方改革で残業ができなくなる。そこで、機械の生産能力を上げることに注力している」と高岡常務。

 本社内の工場では主に「梅ミンツ」を生産。ミニコーラは外部工場に製造委託しており、約1億円を投じて生産能力を1割増強した。さらに年間販売個数400万個、シリーズ累計で年間1500万個を売るココアシガレットも「インバウンドの土産として、アホほど売れている」(高岡常務)。19年度中に1億円以上を投じて生産効率の高い機械を導入し、年間1900万個に増産する計画だ。

 1951年の発売当時、1個5円で販売されていたココアシガレットは、「大人がたばこを吸う姿に憧れる子供のために作った」という元祖パロディー菓子。現在の価格は1個30円(税別、以下同)。ピーク時には年間1800万個の販売実績があったが、過去最高を更新する勢いで売り上げを伸ばしている。

「見て楽しい、もらってうれしい、食べておいしい、また欲しいの4Cがコンセプト」と話す高岡五郎常務。「飲み屋で面白いアイデアが生まれることが多い」
「見て楽しい、もらってうれしい、食べておいしい、また欲しいの4Cがコンセプト」と話す高岡五郎常務。「飲み屋で面白いアイデアが生まれることが多い」