平成はパロディー、令和は商標で商機つかむ

 「ミニコーラの勝訴で味をしめて、平成はパロディー路線で突っ走った。令和はブランディングの時代。企業とのコラボにも積極的に取り組み、ブランド力をさらに強化したい」(高岡常務)

 19年夏はココアシガレットとミニコーラでコラボ商品を展開。あいみょん効果で売り上げを伸ばし続けるココアシガレットについては、7月末からブランドロゴ入りiPhoneケースとスマホホルダーなどの販売をスタートした。

7月末から販売しているココアシガレットのスマホケース。ミニコーラやココアシガレットの商標を使用したグッズは今後増えそう
7月末から販売しているココアシガレットのスマホケース。ミニコーラやココアシガレットの商標を使用したグッズは今後増えそう

 猛暑で売れ行き好調だったのがミニコーラの氷菓だ。アイスクリームやゼリーなどの製造販売を手がけるセリア・ロイル(福岡県朝倉市)と協業した商品だ。

 「営業担当の娘さんから『ミニコーラのアイスを作ってほしい』という話があり、子供の夢をかなえるのが駄菓子屋の使命なので即答した」と高岡常務。懐かしいコーラ味のかき氷の中に、ミニコーラのラムネが入ったシンプルなアイスで、さっぱりとして口溶けがいい。パッケージも赤と白のミニコーラのデザインを踏襲しており、アイス売り場でも存在感を放ちそうだ。今回はテスト販売で19万個を限定生産。市場での反応が好調なことから20年度は本格生産を見込むという。さらに19年秋には、円谷プロダクションからの依頼で実現したウルトラマンとミニコーラのコラボ商品も登場する予定だ。

 子供たちに愛され続け、ロングセラー商品となったオリオンのパロディー菓子。40年を経た今、大人の子供心に触れる商品で新たな商機をつかもうとしている。

セリア・ロイルとのコラボで実現したミニコーラの氷菓。19年7月15日に発売し、西友、イオン九州、ライフなどで売れ行きは好調
セリア・ロイルとのコラボで実現したミニコーラの氷菓。19年7月15日に発売し、西友、イオン九州、ライフなどで売れ行きは好調
コーラ味のかき氷の中に、ミニコーラのラムネが入った「ミニコーラ氷」140円(税別)。20年度は増産し、本格的に販売する予定
コーラ味のかき氷の中に、ミニコーラのラムネが入った「ミニコーラ氷」140円(税別)。20年度は増産し、本格的に販売する予定

(写真/橋長初代)


【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ