絵本から始まり児童書で人気に火が付くというのも珍しいパターンだという(写真は絵本シリーズ)
絵本から始まり児童書で人気に火が付くというのも珍しいパターンだという(写真は絵本シリーズ)

累計700万部突破 驚異の売れるコンテンツ「おしりたんてい」

2019年08月30日
  • 2019年8月に発売された最新刊『おしりたんてい ラッキーキャットは だれの てに!』は、読み物シリーズ10作目
  • 絵本から始まり児童書で人気に火が付くというのも珍しいパターンだという(写真は絵本シリーズ)
  • 19年4月の映画公開に合わせ、原作本を全国約2万店のセブン-イレブンで先行発売した。児童書を全店規模で先行発売するのはセブン-イレブンにとっても初の施策
  • リアル脱出ゲームを企画運営するSCRAP(東京・渋谷)とコラボした「おしりたんてい なぞときイベント」は全国約3300の書店で、19年4、6、8月に実施。第1弾では書店員に告げる「はんにんは あなたですね」のキメゼリフが「かわいすぎる!」と話題に
  • 必殺技(中央)を受けた相手が劇画タッチになるのも人気のポイント(写真は読み物シリーズ)
  • ポプラ社児童書事業局副局長「おしりたんていプロジェクト室」室長の髙林淳一氏もおしりたんてい人気の特異さに驚きを隠さない
  • 下品さを一切感じさせないキャラクターが保護者にも受け入れられた
  • ミステリー作品らしくカードゲームも人気だ