大手企業が協賛に名のりを挙げ、若い世代のマーケティング手段としても注目されるeスポーツ。協賛対象であるeスポーツチームはどう見ているのか。サンリオや韓国サムスン電子などとのコラボも手掛ける古豪チーム「DeToNator(デトネーター)」代表の江尻勝氏に、eスポーツの可能性と課題を聞いた。

プロゲーミングチーム「DeToNator」代表/Ownerの江尻勝氏。小室哲哉氏や谷村新司氏などを担当する美容師/ヘアメークとして活動していたが、ネクソン運営のFPS『サドンアタック』でゲームに開眼。自身もプレーヤーとして活躍した後、2009年9月にDeToNatorを設立
プロゲーミングチーム「DeToNator」代表/Ownerの江尻勝氏。小室哲哉氏や谷村新司氏などを担当する美容師/ヘアメークとして活動していたが、ネクソン運営のFPS『サドンアタック』でゲームに開眼。自身もプレーヤーとして活躍した後、2009年9月にDeToNatorを設立

サンリオやサムスンと相次ぎコラボ

 DeToNatorは、ゲームやeスポーツの分野で最も有名なプロゲーミングチームの1つだ。設立は2009年9月。日本で“eスポーツ”という言葉が広がるはるか前に活動を開始した。現在はメンバーとして、バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』や対戦型格闘ゲーム『ARMS』の大会で戦う選手、ゲーム配信プラットフォーム「Twitch」のライブ配信で人気のストリーマー(配信者)などを擁している。

 最近は、企業との取り組みにも積極的だ。ゲーミングブランドの「REPUBLIC OF GAMERS」(ASUS)や「Logicool G」(ロジクール)、ゲーミングチェアブランドの「DXRACER」(ROOM WORKS、兵庫県川西市)といったゲーム周辺機器メーカーからスポンサードを受けているのはもちろん、異業種とのコラボレーションの実績も目覚ましい。

 19年2月には、アマゾンのゲーミングデバイスキャンペーンに参加。Twitch上にある各ストリーマーのチャンネルにキャンペーンページへのバナーを張り、ゲーム配信の視聴者を誘導した。

 19年3月には、サンリオから声を掛けられ、同社が運営する「サンリオピューロランド」でDeToNatorのファンミーティングを開催。DeToNator所属の選手やストリーマーを中心に据えた企画を展開し、多くのファンを集めてきた。9月に開催される東京ゲームショウ2019では、サムスン電子のブースに共同出展する。

19年3月のDeToNator設立10周年記念ファンミーティングはサンリオピューロランドで開催。異なるファン層の来場に期待したサンリオからの声を掛けられたという
19年3月のDeToNator設立10周年記念ファンミーティングはサンリオピューロランドで開催。異なるファン層の来場に期待したサンリオからの声を掛けられたという
サンリオとは製品コラボも。Tシャツやタオルを販売している
サンリオとは製品コラボも。Tシャツやタオルを販売している
ゲーミングパソコンやゲーミングチェアなど、ゲーム周辺機器にはDeToNatorモデルもある
ゲーミングパソコンやゲーミングチェアなど、ゲーム周辺機器にはDeToNatorモデルもある

江尻氏が語る「プロゲーマー」とは?

 現在、日本でもeスポーツのチームや選手に協賛する企業は増えつつあるが、その一方で、プロチームやプロゲーマーに関する一般の認知はまだ低く、イメージは曖昧なままだ。業界団体の日本eスポーツ連合(JeSU)は、公認タイトルについてプロライセンスを発行しているが、ライセンスがなくても国内外の大会に出場している選手や、企業からスポンサードを受けている選手もいる。

 eスポーツにおけるプロとはどんなものか――。江尻氏に問うと、「本来、プロプレーヤーとは、給料をもらってその競技にフルタイムで取り組み、プロリーグなどの輪にも参加している人のこと。そう考えると、日本のeスポーツ業界にはほとんどいない」という答えが返ってきた。

 野球やサッカー、バスケットボールなど、プロリーグがある競技では、選手が活躍できる大会や試合があり、それを多くの観客が見る環境が整っている。大会や試合の運営もマネタイズできている。こうした環境があって初めて、プロはプロとして生きられるというのが江尻氏の考えだ。

 「eスポーツ元年」と呼ばれた18年以降、日本でもeスポーツの市場は急成長し、高額な賞金が設定された大会も成功を収めてきた。しかし、チーム、プレーヤー、大会のいずれも、協賛企業からのスポンサー収入が頼りだったり、ゲームタイトルを持つメーカーが自社で主催することでようやく回っていたりというのが実情。ごく一部を除いてプロが生きていけるだけの競技シーンが成立しているとは言いがたい。

 「実際、DeToNatorでもプロと言えるのは、韓国で開催されている『PUBG』のプロリーグ『PUBG KOREA LEAGUE』に参加しているチームくらい。同リーグは規約上、所属団体とのプロ契約を出場の条件としている。つまりリーグ自体がプロであることを要求している。しかも、リーグの運営もきちんとマネタイズできている」(江尻氏)そうだ。

『PUBG』のプロリーグ「PUBG KOREA LEAGUE」に参加するDeToNatorのメンバー
『PUBG』のプロリーグ「PUBG KOREA LEAGUE」に参加するDeToNatorのメンバー
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>