スマートフォンで世界シェア4位の中国メーカー「シャオミ(小米)」。商品のデザインや直営店を中心とした販売スタイルから「中国のアップル」とも称される。しかし今や、単なるスマホのブランドではない。家電製品や日用品、食品の販売にまで手を広げ、ライフスタイルブランドになろうとしている。

 シャオミは2010年4月に設立。僅か9年で80の国や地域に販路を拡大し、世界シェアは8.9%(2019年1~3月期、米IDC調べ)。韓国のサムスン電子、中国のファーウェイ(華為科技)、米アップルに次ぐ世界第4位だ。18年7月には香港株式市場への上場を果たした。

 日本市場には進出していないため、その実力があまり知られていないシャオミ。創業期には「中国のアップル」と称された。高いブランド力を有するアップルのiPhoneの戦略を露骨に模倣したためで、スマホのデザインから、商品発表会でのプレゼンテーションのスタイルまでアップル風。手ごろな価格の割に性能や質感が優れていたことから、中国など途上国を中心に人気が高まった。インターネット販売に加えて、アップルストアとよく似た専売店「小米之家」を中国の主要都市に展開。販路を自社で管理できる範囲にしぼり、ブランドイメージをコントロールしてきた点も特徴だ。

 創業から10年近くが経過した今、その姿はアップルの模倣という枠を超え、独自の進化を遂げている。19年6月にリニューアルオープンした中国・上海の旗艦店を訪れて、そう実感した。

 上海の旗艦店は、市内中心部のショッピングセンター「上海大悦城(JOY CITY)」にある。以前は3階に売り場があったが、今回、路面店にリニューアル。しかも、1階と2階の2層構造になり、売り場面積が大きくなった。

 1階の売り場の一番手前には、最新のスマートフォンやスマホアクセサリー、ノートパソコンが並べられている。この雰囲気は、広告も含めてアップルストアとよく似ている。

路面店となった小米之家・上海大悦城店
路面店となった小米之家・上海大悦城店
スマホ売り場はアップルストアとよく似た雰囲気
スマホ売り場はアップルストアとよく似た雰囲気

 しかしその横の壁に目をやると、アップルにはない製品群が所狭しと掛けられていた。シャオミ自らが企画・販売しているスマートテレビだ。高機能な割に価格が安いのが特徴で、同社の決算資料によると、19年上半期、中国のスマートテレビ市場で出荷台数1位を獲得。グローバルでは5位のスマートテレビメーカーになったという。最新モデルの65型4K壁掛け液晶テレビ「Mi Mural TV」はスマートスピーカー機能を内蔵して、6999人民元(約10万5000円)。音声対話で天気情報を確認したり、映画コンテンツを探したり、IoT家電の遠隔操作ができたりする。旧来のテレビメーカーが、AV機器を起点にネットサービスとの融合を進めるのとは対照的に、シャオミはネットサービスを起点にAV機器に進出した形。米アップルや米グーグルですら、映像関連のハードウエアはテレビに接続する外付けストリーミングデバイスにとどまっており、シャオミは一歩先を行っているように見える。

スマホ売り場の横ではシャオミオリジナルのスマートテレビを販売
スマホ売り場の横ではシャオミオリジナルのスマートテレビを販売

 さらに驚くのは、その奥に白物家電の売り場まであったことだ。ロボット掃除機、ドラム式洗濯機、空気清浄機、エアコンなどがあり、どの家電も白を基調としたシンプルなデザイン。どことなく無印良品とイメージが重なる。ただ、機能面もシンプルな無印とは異なり、いずれもIoT機能が付いているのが売り。スマホからスタートしたメーカーならではの発想だ。ちなみに、これらの家電にはシャオミではなく、シャオミのスマートホーム機器を意味する「米家(Mi Home)」というブランドが付けられており、同名のアプリで、さまざまな家電を一元管理できる。

「米家」というブランド名でIoT家電をラインアップし、スマートホームを提案する
「米家」というブランド名でIoT家電をラインアップし、スマートホームを提案する

アパレル、日用品、食品までそろうセレクトショップ

 ここまでなら、スマホを起点に黒物家電、白物家電へと商品群を拡大していく、新しい時代の家電メーカーの一つと解釈できる。しかし、シャオミの事業領域はそこにとどまらない。家電売り場の先に並べられていたのは、スーツケースにバックパック。いずれもシャオミのオリジナル商品だ。スマホで築き上げたスタイリッシュなブランドイメージを生かし、家電以外の分野へも進出を始めているのだ。

スーツケースやバックパックなどライフスタイル商品も企画販売
スーツケースやバックパックなどライフスタイル商品も企画販売
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>