「若者はネット検索しない」といわれて数年たつが、実際はどうなのか。検索しないのなら、商品の情報取得や購買の導線はどうなっているのか。調査データや取材から、美容系をメインに若者のショッピング事情を分析した。

ネット検索しない若者に、どうリーチすればいいの? ※画像はイメージ(Pangaea/PIXTA)
ネット検索しない若者に、どうリーチすればいいの? ※画像はイメージ(Pangaea/PIXTA)

テキストよりもビジュアル情報が刺さる

 2016年にあるタレントが「若い人はネットを検索しない」と発言したことが話題になった。それまでSEO対策を熱心に行っていた大人たちには衝撃の事実だっただろう。Web検索を使わないで何を使っているかといえば、Instagramだという。「テキストよりもビジュアル情報が若者に刺さる」といった発言もあった。

 それから数年がたち、その傾向はデータとして裏付けられている。マクロミルが18年8月に公表した消費意識やお財布事情などの調査によると、SNSの情報に影響を受けて買い物をする人が半数だという。15~24歳では「かなり影響を受ける」「まあまあ影響を受ける」と答えた人が63.6%、25~38歳では50.9%に上る。さらにその中からどのSNSに影響を受けたかとの問いには、15~24歳ではトップがTwitter(44.8%)、続いてInstagram(44.3%)、25~38歳ではトップがInstagram(55.5%)、次がTwitter(18.5%)となっており、InstagramとTwitterの影響が大きいことが分かる。

 SNSでの検索は、テキスト入力だけでなくハッシュタグによる検索も使われる。ハッシュタグ検索なら、タップするだけで欲しい情報が手に入る。Instagramはハッシュタグをフォローすることもできる。例えば「#コスメ」をフォローしておくと、そのハッシュタグを付けた投稿がフィードに表示されるようになる仕組みだ。

 またInstagramによると、企業の公式アカウントをフォローしているユーザーの割合は80%を占めている。ハッシュタグと公式アカウントをフォローしておけば、検索するまでもなく自動的に情報が集まってくるのだ。

 さらにここ数年、SNSに投稿される主なコンテンツが動画へ移行してきたことも、SNSでの情報取得に拍車をかけている。写真だけでは商品の詳細が分からないが、動画ならさまざまな角度からチェック可能だ。雑貨や家電なら使い方のレクチャーも見られるし、洋服ならモデルの動きから布の質感も分かる。写真ではごまかせる情報が、動画ではごまかしにくいこともあるだろう。

コスメ情報はSNSとYouTubeから

 ショッピングといっても商材は多岐にわたるので、流行に敏感な若い女性たちの必需品、コスメの購買動向に絞ってみる。

 現在の若い女性がどのようにメークを覚えるかご存じだろうか。それはYouTubeだ。すっぴんからメークを完成させる動画が多数投稿されていて、女性たちはそれを参考に練習する。メークに関する雑誌なども販売されているが、プロのメーキャップアーティストではない人が市販のコスメでメークする動画はリアルさが違う。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>