日米シェアナンバーワンを誇るスマートタグメーカーTile社の「Tile Mate(電池交換版)」が、2019年5月の値下げをきっかけに好調に売れている。だが実は、今回の値下げは単なる販促ではなく、その先にあるサブスクリプション事業への布石だ。

Tileは無くし物を探し出すためのガジェット。スマートフォンとBluetoothでペアリングすることで、相互にアラームを鳴らせるほか、インターネット上のコミュニティーを利用して自分のTileを探す機能も搭載している
Tileは無くし物を探し出すためのガジェット。スマートフォンとBluetoothでペアリングすることで、相互にアラームを鳴らせるほか、インターネット上のコミュニティーを利用して自分のTileを探す機能も搭載している

日本版アプリ未提供のサブスクリプション機能

 米Tile社CEO(最高経営責任者)のCJ・プロバー氏によれば、同社が米国版Tileアプリが搭載しているサブスクリプションサービス「Tileプレミアム」の提供を、日本でも2019年度中に開始する計画だという。

 Tileは“無くし物トラッカー”と呼ばれるガジェットの1つで、Bluetoothでスマートフォンに接続したTileを財布や鍵などに取り付けておけば、それらが見当たらないときにスマートフォンのアプリでTile本体を鳴らして探し出せる。

 「Tileプレミアム」では、この基本機能に加えて最大6つの機能・サービスが追加される予定だ。日本版については、Tileを持たずに自宅を離れると通知が届く「Smart Alerts(スマートアラート)」と、電池の交換時期が近づいたら無償で新品の電池が送られてくる「Auto Battery Replacement(オート・バッテリー・リプレースメント)」の採用が確定している。

米国版Tileアプリでは、無料版に6つの機能・サービスを追加した「Tileプレミアム」を月額、または年額で利用できる
米国版Tileアプリでは、無料版に6つの機能・サービスを追加した「Tileプレミアム」を月額、または年額で利用できる

 「『スマートアラート』は、携行しなければいけないものを持っていないときに通知する機能。この機能により、Tileは『無くした物を探すツール』から『物を無くさないためのツール』に変わる」とプロバー氏。

 米国の場合、利用料は毎月2.99ドル(約330円)または年間29.99ドル(約3300円)となっている。日本でも同程度となる見込みだ。なお、利用料はユーザー単位なので、1人のユーザーが複数台のTileを所有していても追加料金などは発生しない。

 「Tileの販売も、サブスクの提供も両輪で進めるが、今後はTileプレミアムによる収益のほうが大きくなっていくだろう」とプロバー氏は語った。

Tile社CEOのプロバー氏は、元GoProのCOO(最高執行責任者)。2018年9月より現職
Tile社CEOのプロバー氏は、元GoProのCOO(最高執行責任者)。2018年9月より現職

サブスク開始の前にTileをIoT生活の必需品に

 Tile社は、サブスク事業の開始に向けて、日本国内の利用者を増やす施策を展開している。言うまでもないが、Tile Mateの値下げもその一環だ。まずは購入のハードルを下げてTileの普及を促し、サブスクにつなげる狙いがあるのは間違いない。

ソフトバンクセレクションでの価格を見ると、税込み3110円から1980円に値下げされているのが分かる。また4個パックも税込み7430円へと米国並みに引き下げられた
ソフトバンクセレクションでの価格を見ると、税込み3110円から1980円に値下げされているのが分かる。また4個パックも税込み7430円へと米国並みに引き下げられた

 「Tileプレミアムのサービスは、各種の保険やセキュリティーサービスと同じもの」とプロバー氏は言う。財布を紛失すると、現金を失った経済的・精神的ダメージもさることながら、一緒に入れてあったクレジットカードなどの紛失・再発行手続きの手間と労力も相当だ。そのリスクが月額300円程度で低減できるなら、“保険”としてTileを取り付けておく価値は十分にある。