淡路島の田畑のど真ん中に突如現れた、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の巨大な顔。その正体は大手人材派遣のパソナグループが手掛ける飲食施設「ハローキティショーボックス」だ。食事とショーが楽しめるシアターレストランが淡路島で、しかもキティとのコラボによって誕生した背景とは。

巨大なキティちゃんが目印の「ハローキティショーボックス」(兵庫県淡路市野島平林177-5) (c)1976, 2019 SANRIO CO., LTD.(写真提供/パソナグループ)
巨大なキティちゃんが目印の「ハローキティショーボックス」(兵庫県淡路市野島平林177-5) (c)1976, 2019 SANRIO CO., LTD.(写真提供/パソナグループ)

“空からしか見えないキティちゃん”の理由

 瀬戸内海を望む兵庫県淡路島市の県道31号線沿いに、2019年8月12日オープンした「ハローキティショーボックス」。真っ白い円形の建物は、うっかりすると見逃してしまうくらいシンプルだ。外観で唯一それと分かるのは、屋根全体で表現されたキティちゃんの顔だけ。ただ、その“表情”は空からしか見ることができない。

地上から見るとハローキティ関連施設だとは分からない
地上から見るとハローキティ関連施設だとは分からない

 地上よりもあえて“空の旅人”にアピールするユニークなデザインについて、パソナグループの南部靖之代表は「グーグルマップでキティちゃんを発見したときの驚きは、大きな話題になるはず。キティちゃんを通して世界中に淡路島を売り込もうというのが一番の狙い」と明かす。

 実は同社が淡路島で手掛けるハローキティをテーマにした飲食施設はこれが2店舗目だ。18年4月に、ギャラリーとシアターを併設した創作オリエンタルレストラン「ハローキティスマイル」をオープン。海に面した絶好のロケーションと、ハローキティの世界観を満喫できる本物志向の空間と料理が受け、大人の女性を中心に大勢の観光客が訪れている。ハローキティのコアなファンは訪日外国人観光客にも多く、団体客がバスでやって来るという。「立地が不利なので当初はあまり期待していなかったが、予想以上の反響に、ハローキティの人気の高さを改めて思い知らされている」(南部代表)。

ハローキティの世界観を満喫できるギャラリーやショップ、レストランを備えた施設「ハローキティスマイル」
ハローキティの世界観を満喫できるギャラリーやショップ、レストランを備えた施設「ハローキティスマイル」

 ハローキティスマイルの建物も、真っ白で巨大なキティちゃんの頭部が印象的なユニークなデザイン。瀬戸内海を眺めるキティちゃんの全貌を捉えるためにドローンを飛ばしたり、離れた場所から撮影したりと、ファンの奮闘ぶりがSNSで発信され、さらに話題を呼んでいる。

 今回新設されたハローキティショーボックスは、ハローキティスマイルを訪れたサンリオの辻信太郎社長の提案から生まれたという。「これからはシアターレストランがイケる。そこにキティも生かせないかとアイデアをもらい、1年半前に決めた。シアターレストランは日本では珍しいが、音楽祭で町おこしに成功している海外の事例を参考に、あえて挑戦した」と、南部代表は意気込む。