日本でSNSの活用の歴史は約10年。企業と顧客の関係性をどう変えて何をもたらしたのか。「日経クロストレンド FORUM 2019」で顧客時間の風間公太氏と、ピースオブケイクの徳力基彦氏が語り合った。

トークセッションに登壇した顧客時間 チーフプランナー・広報統括の風間公太氏(左)とピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガーの徳力基彦氏
トークセッションに登壇した顧客時間 チーフプランナー・広報統括の風間公太氏(左)とピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガーの徳力基彦氏

風間 ソーシャルメディアの歴史を振り返ると、2004年にFacebook、06年にTwitterがサービスを開始していますが、日本で使えるようになったのは両方とも08年のこと。この年はiPhoneが発売された年でもあります。

 スマートフォンがあったからこそ、多くの人がソーシャルメディアを当然のように使うようになったわけで、翌09年が日本のソーシャルメディア活用の原点と言えるでしょう。そして、この時期に存在感を示していたのがブログです。徳力さんはいつから企業ブログのサポートをしていたのでしょうか。

徳力 日本のブログブームは03年から04年にかけてだと言われています。企業がいわゆるCGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)をマーケティングに使い始めたのが05年ごろです。09年以前は「ソーシャルメディアマーケティング」という言葉もありませんでした。09年はマスメディアに加えて個人のメディアをどう使うかを考えるようになった年です。Twitterの場合は、相互フォローの仕組みが画期的でした。Twitterの登場で、企業がアカウントをつくるようになり、本格的に個人とコミュニケーションをするようになったのです。

風間 企業視点で見ると、顧客と同じ立場でコミュニケーションを取れる場ができたことは大きな意味がありました。09年から11年にかけてのソーシャルメディア黎明(れいめい)期は、資本力よりも人間力がものをいう時代だったと思います。それまでは企業が情報を伝えようとすると、マスメディアしかないがために、ある程度お金をかける必要がありましたが、ソーシャルメディアでは「中の人」と呼ばれる担当者の力量次第でフォロワーやリーチを増やすことができたのです。

東日本大震災でSNS広告に変化

徳力 最近ソーシャルメディアを使い始めた人たちにはピンとこないと思いますが、この頃のソーシャルメディアには広告メニューがなかったのです。うまく運用できていたのは、概して広告宣伝費予算が少なく、テレビCMにお金を使わない企業の担当者の創意工夫によるところが大きかったですね。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>