「マーケターの価値を明らかにする」をビジョンとするマーケターキャリア協会(MCA)が2019年8月6日、マーケターのキャリア構築を支援する「MCA道場」をスタート。第1回はMCA理事の富永朋信氏(プリファードネットワークス執行役員CMO)が無料の開講記念講座を行った。

マーケターキャリア協会(MCA)理事の富永朋信氏。1992年大学卒業後、日本コダックに入社。日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパン、イトーヨーカ堂などでマーケティング関連職務を歴任。2019年7月、プリファードネットワークス執行役員CMO(最高マーケティング責任者)に
マーケターキャリア協会(MCA)理事の富永朋信氏。1992年大学卒業後、日本コダックに入社。日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパン、イトーヨーカ堂などでマーケティング関連職務を歴任。2019年7月、プリファードネットワークス執行役員CMO(最高マーケティング責任者)に

 冒頭では富永氏が自身のキャリアを振り返り、新卒で入った会社でAIDMA注1)と出合い、自分が普段何気なく行っている買い物のプロセスを見事に表しているところにマーケティングの素晴らしさを感じたこと。3度目の正直で憧れのコカ・コーラに入社し、仮説を形にしてそれに消費者が反応してくれることがマーケターとしての幸せの原体験となったこと。購買体験は販売チャネルが左右していることに気づいてリテールに飛び込んだことなど、駆け出し時代からCMO(最高マーケティング責任者)として活躍するまでの転換点を説明した。

注1)マーケティングの古典的フレームワークで、消費者が何かを買うときの心理的作用や行動をプロセス化したもの。「Attention (気づく)」「 Interest (興味を持つ)」「 Desire(欲しいと思う)」「 Memory(心の中の買いたいものリストに加える)」「Action(実際に購入する)」という5つの頭文字を取っている

プロマーケター富永朋信が体得した 組織の本質とリーダーの心得(画像)

 その中で、40人のチームを勝手に編成してメンバーに総スカンをくらったり、リーダーになってやりたいことをやるためには他部門との調整も重要だと分かったりし、社内を向くことの重要性を実感。そこから、社内で信頼を築いてほかの部署ともスムーズに仕事ができるようになり、成功実績を積み上げたことで社外から講演や執筆のオファーが来るようになって、自分のブランドでキャリアが築けるようになったそうだ。

 そのうえで、富永氏は組織の本質として以下を学んだという。


有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>