「いいね!」のやり取りを重ねるだけで、お金が稼げる異色のSNSアプリ「Poplle(ポップル)」が若者の間で人気だ。承認欲求を満たすだけだったSNSが、お小遣いを生み出す“打ち出の小づち”になっている。その仕組みとは?

 ポップルは、Instagramのように写真や動画を投稿できるSNSアプリ。写真投稿などの機能はいたって普通だが、最大の特徴は自分の投稿に付いたいいね!や、他のユーザーの投稿にいいね!を押した数がカウントされ、「1いいね!=1円」相当がもらえることにある。

 他のSNSと同じく、ポップルはユーザー同士でフォローしあうことでつながる仕組み。フォロワーを増やすために、自身のTwitterアカウントで拡散したり、ポップル専用のアカウントを開設したりするユーザーもいる。写真や動画をアップするだけでお金がどんどんたまるポップルは、学生や子育て中の主婦との親和性が高いという。「いつものSNSと同じように使うだけで、お金が稼げる。インスタ好きの子育てママなら、パートを辞めて子供と一緒に過ごす時間を増やせるかもしれない」と、運営会社リクポ(東京・渋谷)の木崎智之社長は話す。

 実際、ユーザーの中には、すでに月10万円分のいいね!を稼ぎ出す人も出ており、「Twitterでフォロワーが数十人しかいない人でも、月数千円を稼いでいる」(木崎氏)というから驚きだ。

 ポップルのサービス開始は19年2月だが、この7月にはダウンロード数が15万件を突破。ユーザーの男女比は4対6で女性が多い。同月末の実績では、写真や動画の投稿数は300万にのぼり、約2700万のいいね!が飛び交った。つまり、これまでゼロ円だったいいね!に対して、2700万円相当の価値が生まれたということだ。

 たまったいいね!は、500以上で現金化が可能。セブン銀行のATM(手数料398円)か、銀行振り込み(同298円)で、手数料を差し引いた分の現金を受け取れる仕組みだ。さらに、「いいね!払い」として、全国のセブンイレブンやサーティーワンアイスクリームで使える無料商品引換券との交換もできる。

 例えば、「セブンプレミアム のむヨーグルト プレーン270g」は店頭の実勢価格で税込み172円のところ、ポップルの商品引換券には260いいね!が必要。アプリ上で引換券を取得するとバーコードが発行され、セブンイレブンなどの店頭で商品と一緒に見せるだけだ。こちらは、厳密には1いいね!=1円というわけではないが、細かな単位で商品と交換できるのはメリットだろう。

アプリ内でほしい商品とその分のいいね!を交換してレジに持っていけば、引き換えてもらえる
アプリ内でほしい商品とその分のいいね!を交換してレジに持っていけば、引き換えてもらえる

 その「いいね!払い」でこの7月末までに商品と交換された回数は5000回で、飲料やアイスがよく交換されたという。ユーザー1人当たりの平均交換額は、約800円に上る。写真をアップするだけでこれだけたまるなら、高校生、大学生だけではなく、年々お小遣いが減っているビジネスパーソンにとっても貴重な“収入源”になり得る。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>