白馬観光開発(長野県北安曇郡白馬村)は、インバウンド需要の高まるスキー事業に加えて地域のオールシーズンのリゾート化を進め、「白馬マウンテンビーチ」を開業。海外の飲食店などの国内上陸を手掛ける著名プロデューサーが参画し、若年層の呼び込みや地域経済の活性化に拍車を掛ける。

パラソルにやしの木がビーチ気分を誘う「白馬マウンテンビーチ」。ここが標高1400メートルとはとても思えない
パラソルにやしの木がビーチ気分を誘う「白馬マウンテンビーチ」。ここが標高1400メートルとはとても思えない

まるで南国リゾート、アウトドア初心者やF1層に訴求

 標高1400メートル、八ケ岳や浅間山を見渡す白馬八方尾根のうさぎ平テラスの屋上に「白馬マウンテンビーチ」がオープンした。グリーンシーズンの開業期間は2019年7月26日から同年10月27日まで。施設全域にビーチパラソルやビーチベッドが置かれ、水着に着替えて入場するサウナ&ジャグジーエリアでは、山岳風景を楽しみながらビーチリゾート気分を満喫できる。

ビーチを思わせる施設とリフトのある背景の山との対比が非日常を強調する
ビーチを思わせる施設とリフトのある背景の山との対比が非日常を強調する

 サウナ人気にあやかって、スキー場という土地柄を生かした「ゴンドラサウナ」2台のほか、白馬産の薪を使った「テントサウナ」もあり、サウナで汗をかいた後はジャグジーや水風呂に入れる。水着はレンタル可能で、サウナ・ジャグジーの利用料(2時間税込み1500円)と合わせても3000円以内に収まる。

「ゴンドラサウナ」には近隣の栂池高原で使用していたゴンドラを活用
「ゴンドラサウナ」には近隣の栂池高原で使用していたゴンドラを活用
青空の下、ジャグジーに浸ればリゾート気分も高まる
青空の下、ジャグジーに浸ればリゾート気分も高まる

 フリースペースにあるバーでは、地域の食材を使用したカフェ感覚のメニューがそろう。主な価格は「白馬産ブルーベリーのパフェ」が1200円(価格はすべて税込み)、「白馬豚と信州牛のスモークチーズバーガー」が1400円、「白馬産ブルーベリーのエルダーフラワーソーダ」が700円。

「白馬産ブルーベリーのパフェ」。白馬名物のブルーベリーを惜しみなく使用
「白馬産ブルーベリーのパフェ」。白馬名物のブルーベリーを惜しみなく使用
白馬豚や信州牛などの長野の食材もリゾート仕様に。インスタグラムによる拡散も歓迎
白馬豚や信州牛などの長野の食材もリゾート仕様に。インスタグラムによる拡散も歓迎

 白馬観光開発は18年8月にフランス発のアドベンチャー施設を日本に初上陸させた「白馬つがいけWOW!」、同年10月には米ニューヨークの老舗ベーカリー「THE CITY BAKERY」の味と、目の前にそびえ立つ白馬三山の眺めを同時に楽しめる絶景テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(ハクバ マウンテンハーバー)」を開業。白馬マウンテンビーチは第3弾に当たる。

 「白馬とはどこか、それすらも知らない若い世代も呼びたい」と、白馬観光開発の和田寛社長は意気込む。特に情報感度の高い若い女性(F1層)や全く山に親しみのないアウトドア初心者に、白馬まで上ってもらうきっかけにしたい考えだ。

白馬マウンテンビーチで若い女性層の集客を狙う白馬観光開発の和田寛社長
白馬マウンテンビーチで若い女性層の集客を狙う白馬観光開発の和田寛社長