脱“痛勤”を目指し、東京都が2019年7月、「船通勤」の社会実験を始めた。国内有数のビジネス街・日本橋と、タワーマンションが林立する勝どきを小型船で往復する。“一般人”として乗ってみたところ、新交通としてMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の一角を担う可能性を感じた。

東京都は日本橋を発着するコースで、船通勤の社会実験に乗り出した
東京都は日本橋を発着するコースで、船通勤の社会実験に乗り出した

 日差しが刺すように熱い。朝からぐんぐん気温が上がった7月末、日本橋船着場へと向かった。東京五輪開幕まで1年を切り、橋のたもとには五輪のシンボルマークが登場。早くも祝祭ムードが広がっていた。

 川べりではためいていたのは、「東京舟旅」と書かれたのぼり旗。受付で予約完了メールを見せると、名刺大の乗船チケットを渡された。「真夏のらくらく舟旅通勤」。これが、今回の社会実験の名前である。

 運航日は、7月24日から8月2日の平日8日間。日本橋船着場と朝潮運河船着場(勝どき桟橋)を小型船6隻で結ぶ。午前7時半から同9時まで、15分刻みで1日当たり各7便計14便が行き交った。

 社会実験とあって、運賃は無料。今回は、日本橋を午前7時半に出る初便に乗り、勝どき桟橋を同8時45分に出発する便で帰る計画を立てた。果たして「ラクラク」と行くだろうか。

ビジネス客は半数、30分の「舟旅」

 停泊していたのは、屋根のある小型船。乗り込むと、既に30人以上が出発を待っていた。スーツ姿のビジネスパーソンは、半数程度。景色を楽しみたいからだろう。日除けになる客室内ではなく、舳先に座る人のほうが多い。“人口密度”は予想以上に高かった。

 船のメリットは何といっても渋滞がないことにある。日本橋はかつて魚河岸として栄え、船が多数行き交っていた。しかし、今や見る影もない。交通量が圧倒的に少ないぶん、遅延のリスクは皆無に近い。

 実際に船は定刻通り、動き出した。出発アナウンスもなく、くるりと向きを変え、東京のベイエリアに向かって舟旅がスタート。思いの外、速度は遅い。時速15~20キロで、某アトラクションのように、ゆっくりと進んでいく。船内を見渡すと、皆一様にスマートフォンを構え、写真や動画を撮影していた。

出発前のアナウンスはなく、船は、ゆっくりと動き出した
出発前のアナウンスはなく、船は、ゆっくりと動き出した

 頭上には、首都高速道路が幾重にも走る。日本橋川を覆うこの首都高は東京五輪後、一部が地下へと移設される。ある意味、今だけの光景を目に焼き付けた。

 江戸橋を過ぎ、証券街を横目に、鎧橋、茅場橋、湊橋といくつもの橋をくぐる。このあたりは雑居ビルが多く、美観とは言い難い。10数分後、船は豊海橋を抜け、隅田川に入った。視界が一気に開け、左手遠方には東京スカイツリーがくっきりと見える。船はここで右折。広々とした水路をしばらく進むと、タワーマンションや超高層ビルが増え始めた。途中、日本橋方面へと向かう通勤客とすれ違い、ちょうど30分で“終点”勝どき桟橋に到着した。

豊海橋を通過すると、視界が一気に広がった。遠方には東京スカイツリーが見える
豊海橋を通過すると、視界が一気に広がった。遠方には東京スカイツリーが見える
超高層ビルを背に、日本橋方面へ向かう船と遭遇。船上から手を振ってくれた
超高層ビルを背に、日本橋方面へ向かう船と遭遇。船上から手を振ってくれた
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>