音楽配信サービスを運営しているスウェーデンの「スポティファイ」(Spotify)は2019年7月30日、チケットサービスの「イープラス」と提携した。両社のサイトやアプリが連携し、スポティファイに表示されたコンサート情報からイープラスに移動し、コンサートチケットを購入できるようになった。

左から、イープラス 松田勝一郎常務、スポティファイジャパン 玉木一郎社長、イープラス 倉見尚也社長
左から、イープラス 松田勝一郎常務、スポティファイジャパン 玉木一郎社長、イープラス 倉見尚也社長

聴いた音楽の履歴を基にコンサート情報提供

 提携の核はスポティファイが持つユーザーの音楽聴取歴データとイープラスのチケット販売の連携だ。スポティファイは新たに「コンサート」の項目を追加し、そこにユーザーが聴いた音楽の履歴に基づいたお薦めのコンサート情報を表示する。それをクリックするとイープラスのサイトに移動し、チケットを購入できる。ユーザーの所在地近辺で開催される人気アーティストのコンサート情報も表示し、知らなかったアーティストとの出会いを促す。

モバイルアプリの場合は検索(Search)に「コンサート」という項目が追加される
モバイルアプリの場合は検索(Search)に「コンサート」という項目が追加される
「コンサート」をタップするとコンサート情報が表示され、タップしていくとイープラスのチケット販売ページにつながる
「コンサート」をタップするとコンサート情報が表示され、タップしていくとイープラスのチケット販売ページにつながる

 スポティファイではヘビーリスナーを対象として、主に海外アーティストのコンサートチケット情報を知らせる機能を提供している。今後は国内アーティストにも枠を広げ、イープラスの先行チケット販売と連携させる。

 イープラス側では、サイト上でスポティファイを使った試聴ができるようになった。さらに提供している音楽フェス用アプリでは、フェスの参加アーティストを並べたプレイリストも試聴可能だ。これによってフェスの“予習”をしたり、知らないアーティストの楽曲に触れる機会を増やしたりできる。フェスを体験した後ならその余韻にも浸れるだろう。

 スポティファイジャパンの玉木一郎社長は提携の狙いを「音楽業界の3つの課題を解決すること」と話す。

 「まず高額なチケット転売問題。ファンクラブの非常に熱心なファンと、適切なタイミングでコンサート情報を入手できないファンとの格差が転売につながる。また日本で顕著な傾向として、特定アーティストにしか興味のない人が多い。これでは音楽業界が先細りになる。そしてストリーミングなどでカジュアルに音楽を楽しむが、コンサートに足を運ばない人がいる。これは聴く楽しみと体験する楽しみが断絶しているから」(玉木社長)

 イープラスとの連携でコンサート情報に触れやすくし、チケットを購入しやすくすることで、ストリーミングで音楽を楽しんでいるユーザーがコンサートに足を運ぶ機会を増やそうという考えだ。

ストリーミングからコンサートまで、音楽をシームレスに楽しめる環境を提案し、ユーザーの増加につなげたい考えだ
ストリーミングからコンサートまで、音楽をシームレスに楽しめる環境を提案し、ユーザーの増加につなげたい考えだ