資生堂がオープンイノベーションに本腰を入れ始めた。狙うのは「本気の世界展開」だ。同社は2019年7月1日、オープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」の開始を発表。資生堂との連携機会を探るベンチャーを募集し、新商品やサービス開発につながるイノベーションの種を見つけ出したい考え。

資生堂は新たなイノベーションの種を見つけ出すために、オープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」を始めた
資生堂は新たなイノベーションの種を見つけ出すために、オープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」を始めた

 「化粧品からビューティーへとフィールドを拡大するときに必要となる技術、アセット(資産)を必ずしも自社で持っているわけではない。また、マーケットの動きが非常に速いことから、自分たちの力だけでは(すべてのニーズに応えることは)難しいだろうという思いが強い」。資生堂の荒木秀文R&D戦略部長はfibona開始の理由をこう説明する。

fibonaの狙いを説明する資生堂の荒木秀文R&D戦略部長(右下)
fibonaの狙いを説明する資生堂の荒木秀文R&D戦略部長(右下)

 fibonaでは、従来の事業セグメントに限らず、広くBeauty(美容)やWellness(健康)分野に貢献できるアイデアを募集する。評価項目は、「アイデアの新規性」「ビューティーとの親和性」「実現性の高さ」「競合優位性」の4つ。応募期間は19年7月1日~26日。応募期間内に集まったエントリー内容を基に書類選考を経て、応募者に結果が通知される。選考通過者は、8月29日に資生堂社内にて行われる「fibona Pitch Stage」でプレゼンテーションできる資格を得られる。

fibonaでは応募に3つの条件を用意

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。