昨今のタピオカドリンクブームのように、女子高生(JK)から巻き起こる流行は少なくない。2019年上半期が終わり、女子中高生を中心とする“ティーン女子”の流行ランキングが数社から発表された。次に彼女たちの心を動かすモノやコトは何か、「イマ」のはやりを解説する。

今なお続く女子高生ブーム。2019年上半期のランキングから流行の先端をつかもう ※画像はイメージです(写真:xiangtao / PIXTA)
今なお続く女子高生ブーム。2019年上半期のランキングから流行の先端をつかもう ※画像はイメージです(写真:xiangtao / PIXTA)

タピオカドリンクはコト消費へ

 1990年代から始まった「女子高生ブーム」は、形を変えて今も健在だ。女子高生発の流行がいつの間にか世代を超えたブームになることも多い。タピオカドリンクの店舗に並ぶ女子高生たちを不思議な気持ちで眺めていた大人たちも、今やタピオカドリンクを手にし、SNSへ投稿している。しかし女子高生たちにとっては、他の世代が認めるかどうかは二の次だ。彼女たちは自分たちが持つ「JKブランド」を認識しており、休みの日でも制服を着て「JK」としての遊びを満喫している。

 中学生を含めた今の女子中高生たちは、「Z世代」とも呼ばれている。Z世代とは、約2000~2010年の間に生まれたデジタルネーティブ世代。常にインターネットが身近にあり、オンラインとオフラインの境目がない。

 19年6~7月、19年上半期の10代女子の流行ランキングが数社から発表された。エンターテインメントやグルメなど分野はさまざまだ。そこでZ世代に人気のアプリやSNSに関するカテゴリーに注目してみた。今回参考にしたデータは、「2019年上半期ティーンが選ぶトレンドランキング」(マイナビティーンズ)と「2019年上半期の流行語大賞」(AMF)だ。

 まずは「タピオカドリンク」に関する流行だ。現在はグルメもSNSへの投稿が火付け役となる。10代女子はタピオカドリンクを購入し、それを友人と持った画像を「#タピる」「#タピ活」などのハッシュタグと共にSNSに投稿している。マイナビティーンズのコトランキングでは、「タピオカ旅」が7位に入った。これはタピオカドリンクを飲むことを前提に、遊びに行く場所を決める行為だ。SNSでのモノ自慢を超えて、イベントの1つとしてタピオカドリンクを楽しんでいる様子がうかがえる。

 次の流行は、「チーズティー(チーズクリームをトッピングしたドリンク)」や「ボトルドリンク(プラスチックのボトルに入れたドリンク)」といわれている。どちらも既にInstagramでよく見かける、「映える」ドリンクだ(関連記事「狙うはポスト・タピオカ 台湾発の新ドリンク『チーズティー』」)。

台湾発といわれる「チーズティー」
台湾発といわれる「チーズティー」