大手回転ずしチェーンのスシローは2019年7月18日、「匠(たくみ)の一皿プロジェクト」を発表した。フランス料理や中華など各業界で注目されている名店のシェフと共同で、これまでにない逸品を作り上げる。外部の知見を取り込むことで、自社単独ではできなかった新たな定番商品の開発を目指す。

勢ぞろいした“匠”たち。左からスシローグローバルホールディングス取締役執行役員の堀江陽氏、「賛否両論」の笠原将弘氏、「神戸北野ホテル」の山口浩氏、「中国菜エスサワダ」の澤田州平氏、「ブランカ」の吉岡哲生氏
勢ぞろいした“匠”たち。左からスシローグローバルホールディングス取締役執行役員の堀江陽氏、「賛否両論」の笠原将弘氏、「神戸北野ホテル」の山口浩氏、「中国菜エスサワダ」の澤田州平氏、「ブランカ」の吉岡哲生氏

「もっとうまいすし」で回転ずしの常識を破る

 匠の一皿プロジェクトではすし以外の分野で活躍する著名店の料理人と組んで、一から商品開発を手掛ける。味にお墨付きをもらう「監修」でも既存商品を使用した「コラボ」でもない、新たなオリジナル商品を生み出すのがポイントだ。スシローグローバルホールディングス取締役執行役員の堀江陽氏は「スシローの商品開発の歴史を開くと言っても過言ではない。(お客様に)もっとうまいすしを腹いっぱい、もっと心もいっぱいになっていただきたいという思いでスタートした」と、同プロジェクトにかける意気込みを語る。

「匠の一皿プロジェクト」をリードする、スシローグローバルホールディングス取締役執行役員の堀江陽氏
「匠の一皿プロジェクト」をリードする、スシローグローバルホールディングス取締役執行役員の堀江陽氏

 自社単独での商品開発でなく、外部の力を借りた背景を堀江氏は「サイドメニューやデザートなど色々やっているが、毎日やっていると『もっとうまいものはないのか』と思う。我々もよくさまざまなお店のアイデアをいただく。すし以外の方たちと交流することで、新しい“うまい”が表現できるのではないか」と説明する。

 今回“匠”としてスシローが選んだ料理人は4人。中華料理の「中国菜エスサワダ」オーナーシェフ・澤田州平氏、居酒屋料理の「ブランカ」店主・吉岡哲生氏、フレンチの「神戸北野ホテル」総料理長・山口浩氏、和食の「賛否両論」店主・笠原将弘氏だ。彼らを選んだ理由は「和食、洋食、いろんな分野の方をご紹介するのですが、和食の型、和食のルール、和食の作法……そうしたものにとらわれないメニュー作りを、料理で表現できる方たちだったから」(堀江氏)。すしという普段と異なるジャンルに挑むため、既成概念にとらわれない、料理に対する柔軟な姿勢を重視したようだ。

匠たち4人が開発の裏側を披露
匠たち4人が開発の裏側を披露

 このプロジェクトには新たな定番商品を発掘する狙いもあるという。しかし、ただ有名料理人を起用すればうまくいくわけではない。発表された商品は上記4人が腕によりを掛けて開発に取り組んだだけに、それなりに“凝った品”がそろっている。調理内容が複雑化して一皿ごとの工程数も増えれば、安定供給の面で不安が残る。数店舗だけの“実験販売”ならまだしも、全国500店舗以上で同品質の「匠の一皿」が提供できるかどうかがプロジェクトの成否に大きく影響する。

 その点について「商品開発部の実力が付いて、再現性の高いものを作れるようになった」(堀江氏)ことも、スシローがこのタイミングで独自性あふれるすしの開発に乗り出した大きな理由だ。当初、商品として提供できるようになるまでに6カ月は掛かるだろうと目されていたが、スシローの開発部門と料理人双方の努力により、2~3カ月ほどで完成にこぎ着けた。店舗側の供給体制も万全なようで、常時店頭に3~4品程度の『匠』を用意していく考えだ。