PwCコンサルティング(東京・千代田)は2019年7月9日、「国内シェアリングエコノミーに関する意識調査」の結果を発表した。それによるとシェアリングエコノミーの認知度は約5割。持続可能性への貢献が評価される一方、事故発生時の対応などに懸念があることが分かった。

調査名:「国内シェアリングエコノミーに関する意識調査」、調査地域:全国、調査対象:10~70代の一般消費者、調査時期:2019年5月7~9日、調査方法:インターネットによるアンケート調査、調査主体:PwCコンサルティング グローバルイノベーションファクトリー
調査名:「国内シェアリングエコノミーに関する意識調査」、調査地域:全国、調査対象:10~70代の一般消費者、調査時期:2019年5月7~9日、調査方法:インターネットによるアンケート調査、調査主体:PwCコンサルティング グローバルイノベーションファクトリー

シェアリングサービスの認知度は約5割弱

 シェアリングエコノミーとは、個人が保有するモノやサービス、場所などを他の人と共有・交換して利用するサービスや経済の仕組み。自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングをはじめ、さまざまなシェアリングエコノミーのサービス(以下シェアリングサービス)が登場している。今回の調査ではシェアリングサービスを以下の6つのカテゴリーに分けている。

1:場所・空間:宿泊場所、駐車場、会議室、荷物預かりなど
2:移動手段:自動車(移動手段の提供を含むものも対象)、自転車など
3:モノ:洋服、家電、子供用品など
4:ビジネスプロフェッショナルスキル:翻訳、プログラミング、デザイン、ビジネスコンサルティングなど
5:家事・手伝い・シッターなどのスキルや労働力:家事全般、子育て支援、料理、介護、庭仕事など
6:クラウドファンディング:P2P(ピア・ツー・ピア)型資金調達

 シェアリングサービスの定義、および上記カテゴリーについて説明をした上で「シェアリングサービスを知っているか」という問いに「いずれかのサービスを知っている」と答えた人の割合は47.5%だった。17年、18年と比較すると認知度は向上しているものの、伸び率には鈍化が見て取れる。

シェアリングエコノミーの認知度の推移
シェアリングエコノミーの認知度の推移

認知に年代差なし、高齢者の認知度が向上

 「いずれかのサービスを知っている」と答えた人(4763人)が認知しているサービスのカテゴリーは、18年の調査結果と同様に「移動手段」「モノ」「場所・空間」が高いスコアを示した。またベンチャー企業の資金調達手段として注目されている「クラウドファンディング」は、着実に認知度を高めている。

認知されているサービスのカテゴリー(n=4763)
認知されているサービスのカテゴリー(n=4763)

 「いずれかのサービスを知っている」と答えた人の割合を年代別に見ると、20~70代についてはあまり差がない。17年の調査では合計で20%強だった60代と70代が伸びを見せ、今回の調査では30%を超えた。

年代別に見たシェアリングサービス認知者の割合と推移
年代別に見たシェアリングサービス認知者の割合と推移

シェアリングサービスの利用状況と課題

 日本国内でシェアリングサービスを利用したことがある、または提供したことがあるとした人は全体(1万29人)の15.4%にとどまる。17年、18年の調査と比較すると増加傾向にはあるが、利用への一歩が踏み出せない状況が続いている。

シェアリングサービス利用経験者の割合
シェアリングサービス利用経験者の割合

 シェアリングサービスの利用経験者(1542人)が最も利用しているカテゴリーは「モノ」が58.2%でトップ。しかしサービスの認知者全体(4763人)で見ると利用率は25.3%程度だ。過去の調査と比較すると全カテゴリーでスコアの伸びに勢いがなく、認知から利用への行動シフトをどのように促すかが課題といえる。

カテゴリー別に見たサービス利用経験者の割合と認知者利用率
カテゴリー別に見たサービス利用経験者の割合と認知者利用率

 シェアリングサービスの提供経験者(792人)が最も多かったカテゴリーも「モノ」で、提供率は圧倒的に高い68.6%。ただしサービスの認知者全体で見た提供率は減少傾向にある。

カテゴリー別に見たサービス提供経験者の割合と認知者提供率
カテゴリー別に見たサービス提供経験者の割合と認知者提供率

利用経験者の7割強が40代以下、年収1000万以上は22.3%

 シェアリングサービスの利用経験者(1542人)を年代別に見ると、40代以下の層が7割強を占める。17年の調査と比較すると50代以上の経験者が増えた分、8.7ポイント減っているが、各年代の経験者数としては増加傾向にある。

年代別に見たサービス利用経験者の割合と推移
年代別に見たサービス利用経験者の割合と推移

 シェアリングサービスの利用率を子供の有無・世代で見ると、乳幼児・未就学児の子供がいる人(1122人)の利用経験率が25.4%と最も多く、次いで子供のいない人(4110人)が18.0%となっている。世帯年収別では1000万円以上(878人)の利用経験率が22.3%でトップだった。

子供の有無・世代別と世帯年収別に見たサービス利用者の割合
子供の有無・世代別と世帯年収別に見たサービス利用者の割合

シェアリングサービスの利用意向

 シェアリングサービスを利用したい、(利用を)検討してもよいという人は各カテゴリーで上昇傾向が続いている。年代別では若年層ほどサービスの利用に前向き。また今回の調査で初めて全世代で前向きな人が4割を超えた。

カテゴリー別に見たサービスの利用意向
カテゴリー別に見たサービスの利用意向
年代別に見たサービスの利用意向
年代別に見たサービスの利用意向

 シェアリングサービスの利用意向を子供の有無・世代で見ると、乳幼児・未就学児の子供がいる人の約7割が利用に前向きなことが分かった。利用意向については各世帯で上昇傾向にある。世帯年収別では利用経験率と同様、1000万円以上がトップ。年収が高くなるほど利用に前向きになる傾向が見られる。

子供の有無・世代別に見たサービスの利用意向
子供の有無・世代別に見たサービスの利用意向
世帯年収別に見たサービスの利用意向
世帯年収別に見たサービスの利用意向