メルセデス・ベンツ日本が期間限定ショールーム「メルセデス ミー ギンザ ザ リミテッド ストア」をオープンして3カ月余り。目標とする「女性の認知向上」は、着実に効果を上げている。“車を売らないショールーム”の開設に猛反対だったドイツ本社を説得したのは上野金太郎社長の熱意だった。

メルセデス ミー ギンザ ザ リミテッド ストアは、女性のためのブランド情報発信拠点。日本国内では東京・六本木、大阪・梅田、羽田空港に続く4店舗目
メルセデス ミー ギンザ ザ リミテッド ストアは、女性のためのブランド情報発信拠点。日本国内では東京・六本木、大阪・梅田、羽田空港に続く4店舗目

買ってもらえなくても好きになってもらえればいい

 メルセデス ミー ギンザ ザ リミテッド ストア(以下、メルセデス ミー 銀座)のオープンは2019年4月15日。メルセデス・ベンツ日本(MBJ)広報室の奥香純氏は「銀座を歩く女性の認知向上に手応えを感じています」と胸を張る。ただし、その言葉を裏付けているのは販売台数などではない。

 「メルセデス ミーは“車を売らないショールーム”。ブランド情報発信拠点なので、具体的なKGI(重要目標達成指標)やKPI(重要業績評価指標)はないんです。強いて挙げるならオリジナルグッズの販売数などですね」と奥氏。

 キーホルダーや傘、バッグ、Tシャツなど、メルセデスブランドのオリジナルグッズは600種類ほどあり、メルセデス ミー 銀座ではそのうち500種類近くを取り扱っている。ハワイ発のブランド「Hydro Flask」とコラボした「Mercedes-Benz × Hydro Flask ステンレスボトル」(税込み4500円)などは、店頭に並べるとすぐに売り切れてしまうほどの人気商品だという。

 多種多様なグッズを取りそろえているのは、「生活の中で目に触れるところにメルセデスのマークがあれば、自然とメルセデスに親しみを持ってもらえるはず」(奥氏)という考えに基づいてのものだ。

奥氏自身も友人・知人の出産祝いにはメルセデスのボビーカー(子供用乗用玩具)を贈ることが多いという。「小さい頃から乗っていれば、メルセデスを好きになってもらえるかなと思って」
奥氏自身も友人・知人の出産祝いにはメルセデスのボビーカー(子供用乗用玩具)を贈ることが多いという。「小さい頃から乗っていれば、メルセデスを好きになってもらえるかなと思って」
Hydro Flaskは、パーツを組み替えてオリジナルボトルを作れるのが特徴。海外でも爆売れしており、これを手に入れるためにわざわざ足を運ぶ女性もいるとか
Hydro Flaskは、パーツを組み替えてオリジナルボトルを作れるのが特徴。海外でも爆売れしており、これを手に入れるためにわざわざ足を運ぶ女性もいるとか

 メルセデス ミー 銀座にはスーツを着たスタッフがいない。接客するのはカジュアルなポロシャツを着た20~30代の男女だ。店頭に並んだスイーツを見ていた際に話し掛けてきたスタッフは、スイーツの説明を始めたものの最後まで車の話をしなかった。

 その理由を奥氏は「グッズやスイーツを見ている人に、無理に車の話をすべきではありません。興味のない話をしてメルセデスに悪い印象を持たれては、本末転倒になってしまいます」と説明する。

 「メルセデス ミー 銀座のゴールは、メルセデスブランドに親しんでもらうこと。いつか車を買うとき、メルセデスが選択肢の1つになっていればうれしい」(奥氏)