アウトドアメーカーのスノーピークは、グランピングの最高峰ブランド「FIELD SUITE」を発表。八方尾根開発(長野県北安曇郡)と組んで、白馬・八方尾根に同ブランド初の常設宿泊施設もオープンした。壮大な自然と高級リゾートホテル並みのサービスで、同社の体験事業を加速する。

2019年7月13日にグランドオープンした「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(スノーピークフィールドスイート 白馬・北尾根高原)」
2019年7月13日にグランドオープンした「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(スノーピークフィールドスイート 白馬・北尾根高原)」

その土地に最もふさわしい「体験」を提供

 グランピングとは「glamorous(グラマラス)」と「camping(キャンピング)」を掛け合わせた造語で「ぜいたくなキャンプ」を表す。アウトドアブームの高まりもあり、余暇の過ごし方として注目を浴びている分野だ。スノーピークが2019年7月5日に発表したFIELD SUITEは、同社が手掛けるグランピング事業の中でも最高峰に位置づけられ、想像を超えるような景観や地元食材を生かした食事、スタッフによる手厚いホスピタリティーなど、非日常的かつぜいたくなアウトドア体験を提供するのが特徴だ。

 その第1弾となるグランピングフィールド「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」が、19年7月13日にグランドオープンした。「雄大な北アルプスの山々が眼前に広がるぜいたくなフィールド」をキャッチフレーズに、標高1200メートルに位置する施設からは、北アルプス3000メートル級の山々が展望できる。

白馬三山を背景にしたテントルーム
白馬三山を背景にしたテントルーム

 客室はテントルーム7室とスイートルーム1室の合計8室を用意。すべて100平方メートルのウッドデッキを備え、プライバシーも確保している。テントルームにはスノーピークがFIELD SUITE用に開発した特別なテントを使用。さらにスイートルームには、建築家の隈研吾が設計したモバイルハウス「住箱ーJYUBAKOー」を活用した。

テントルーム外観。どの部屋にも広いウッドデッキを備える。右奥はスイートルームの「住箱ーJYUBAKOー」
テントルーム外観。どの部屋にも広いウッドデッキを備える。右奥はスイートルームの「住箱ーJYUBAKOー」
テントルーム内部。キャンプを満喫しながら、快適さも確保した作り
テントルーム内部。キャンプを満喫しながら、快適さも確保した作り

 フィールド体験をより印象深いものにするには、おいしい食事が欠かせない。夕食はイタリアの三つ星レストランで6年間修行を積んだ鈴木伸悟シェフの、地元の肉や野菜を生かした創作料理が味わえる。他にも初対面の宿泊客同士がスタッフと共に交流できる「焚(た)き火バー」や露天温泉、プライベートデッキでの星空観測、2日目早朝のご来光ツアーなど、自然を満喫するアクティビティーが充実している。

ディナーとして提供されるコース料理。イタリアで修業したシェフによる地元食材を生かした創作料理。ぜいたくな食事は、絶景と並ぶFIELD SUITEの目玉
ディナーとして提供されるコース料理。イタリアで修業したシェフによる地元食材を生かした創作料理。ぜいたくな食事は、絶景と並ぶFIELD SUITEの目玉
焚き火バーでは客同士、そしてスタッフとの交流が図れる。飲み物はすべて料金に含まれている
焚き火バーでは客同士、そしてスタッフとの交流が図れる。飲み物はすべて料金に含まれている
天気次第だが、夜は満天の星が存分に楽しめる
天気次第だが、夜は満天の星が存分に楽しめる

 施設の敷地面積は2856平方メートルで、北尾根高原全体の約5分の1を占める広さにもかかわらず、宿泊は1日最大8組16人限定となっている。宿泊客をもてなすスタッフのほうが多く、20人以上が常駐しているというからぜいたく極まりない。宿泊料金は1人1泊7万~11万円(税別)。一部のオプショナルツアーを除き、JR長野駅からの送迎サービスや施設内の飲み物(アルコール類を含む)代などもすべて料金に含まれている。

 料金設定は特定の顧客層のニーズや競合他社との比較ではなく、その土地に最もふさわしい「体験」を提供するために必要なコストから算出したという。「料金は事業モデルや提供する内容、場所によって変動はある。(同種のサービスを)そのまま他の地域に横展開するのではなく、新たな場所で一からカスタマイズしていくイメージ」(スノーピークの山井梨沙副社長)。

スノーピークの山井梨沙副社長
スノーピークの山井梨沙副社長