「インスタ映え」が流行語になってから2年経過したが、Instagram(インスタ)人気は衰え知らず。移り変わりの速いSNSの世界で、Instagram人気を維持した立役者が「ストーリーズ」だ。24時間で消えてしまう投稿にどんな魅力があるのか、ビジネス活用の利点はどこか、解説する。

Instagramストーリーズ(Facebookプレスリリースより)
Instagramストーリーズ(Facebookプレスリリースより)

親しみやすいフランクな投稿が人気

 街でタピオカミルクティーを買い求める若者たちの行列を見たことがあるだろうか。今や人気店では1時間待ちも当たり前の大ブームだ。無事タピオカミルクティーをゲットした女性たちは、友人と共に手に持ったタピオカミルクティーを撮影し、SNSに投稿する。投稿先はInstagramがほとんどだが、かつて「インスタ映え」で利用されたフィードへの投稿ではない。24時間で消える「ストーリーズ」へ投稿するのだ。

ストーリーズの投稿例
ストーリーズの投稿例

 ストーリーズはスマホに合わせた縦型利用が基本で、静止画と動画、テキストの投稿ができる。アプリ上でフィルターやスタンプ、手書きなどの加工が可能で、セルフィーの場合は顔の変形なども行える。動画は最大15秒で、再生と逆再生が繰り返される「BOOMERANG(ブーメラン)」や画面の中心にズームする「SUPERZOOM(スーパーズーム)」といったエフェクト加工も簡単だ。「ライブ」ではフォロワーに向けてライブ中継を行うこともできる。

 大きな特徴は24時間たつと消えること。時間が経過したストーリーズは自分だけが見られる「アーカイブ」に保存することもできるが、フォロワーからは見えなくなる。見返してほしいストーリーズは「プロフィール」画面の「ハイライト」に保存できるが、基本的には「消えてなくなる」投稿だ。

 この「消えてなくなる」ことが、ユーザーから熱い支持を得た理由である。消えてしまうのになぜ投稿するのかと思う人もいるだろうが、インスタ映えを目指してセンスの良い投稿をしなければならないと縛られていたユーザーに、もっと気軽に日常を投稿できる場が提供されたのだ。ストーリーズは“盛られて”いる必要はない。クスッと笑ってしまう表情や、おかしな動きの友人など、親しみやすいフランクな投稿に人気が集まっている。

 動画はごく短い数秒程度のものがシェアされやすい。友人と歩いている様子や出掛けた先の風景などをサッと撮影して投稿する。動画なら「誰とどこにいる」と説明を書き込む必要はなく、複数の写真を撮影して様子を説明しなくてもいい。

 ストーリーズは自動で遷移していくため、じっくり写真や動画を見られる心配もない。見ている人も眺めているだけで投稿をチェックできる。つまらないと感じたら、画面をタップして前後の動画に移動すればいい。投稿する側も見る側も、負担を感じず楽しめる機能なのだ。