2019年4月から働き方改革関連法が順次施行されたのをきっかけに、多様化する働き方に応じた様々な新サービスが誕生している。キリン系のスプリングバレーブルワリーはクラフトビールのサブスクサービスを開始。アパレル大手のワールドグループも、カジュアルなオフィス着のオーダーメードを始めた。

クラフトビールのサブスクサービス「CLUB BTG」はスマートフォンで会員登録をして、会員ページを店頭で提示して利用する。ターゲットは、銀座界隈で働く20~30代のオフィスワーカー
クラフトビールのサブスクサービス「CLUB BTG」はスマートフォンで会員登録をして、会員ページを店頭で提示して利用する。ターゲットは、銀座界隈で働く20~30代のオフィスワーカー

 2019年4月から働き方改革関連法が順次施行されたのをきっかけに、多様化する働き方に応じた様々な新サービスが誕生している。キリンビールの子会社でクラフトビール専門店を運営するスプリングバレーブルワリー(以下、SVB)は19年6月17日から、東京・銀座にあるビアスタンド「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY(以下、BTG)」でクラフトビールのサブスクリプションサービス「CLUB BTG」を開始した。月額2496円(税込み、以下同)で、好みのクラフトビールを1日1杯飲むことができる(平日のみ)。

 SVBは、残業時間の削減によって生まれる「終業後の時間」に着目した。仕事終わりにクラフトビールを飲んでリフレッシュしたり、自分好みの味を探求したりして、BTGで有意義な時間を過ごしてもらおうという考えだ。これからの時代にあったビールとのスマートな付き合い方として、サブスクリプションのサービスを取り入れた。

月5回通えばお得に

 同社によると、クラフトビールのサブスクリプションのサービスは全国で初だという。最大17種類ある1杯500円のクラフトビールの中から選ぶことができ、月5回通えば元が取れる計算。SVBの島村宏子社長は記者発表会で「BTGの平均客単価は1200~1800円ほど。サブスクリプションを導入することで、売り上げは2割増を見込んでいる」と話した。

最大で17種類あるクラフトビールの中から選ぶことができる。利用料金は月2496円(税込み)。1杯250ミリリットル(通常価格は500円)。料理や2杯目以降は通常料金となる
最大で17種類あるクラフトビールの中から選ぶことができる。利用料金は月2496円(税込み)。1杯250ミリリットル(通常価格は500円)。料理や2杯目以降は通常料金となる
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>