デジタル技術で人間の能力を高める「人間拡張」に関する研究・開発が活発になっている。日経クロストレンドなどの主催で2019年5月に都内で開かれた技術イベント「テクノロジーNEXT 2019」では、「人間拡張パネルディスカッション」を開催。キーパーソンが人間拡張がもたらす社会の変化について議論を戦わせた。

技術イベント「テクノロジーNEXT 2019」で行われた「人間拡張パネルディスカッション」では、キーパーソンが人間拡張がもたらす社会の変化について議論を戦わせた
技術イベント「テクノロジーNEXT 2019」で行われた「人間拡張パネルディスカッション」では、キーパーソンが人間拡張がもたらす社会の変化について議論を戦わせた

 2019年5月27日に開かれたパネルディスカッションのテーマは、「最新技術で挑む“ヒト”の拡張、身体能力はどこまで高められるか」。宇宙航空研究開発機構 新事業促進部長 岩本 裕之氏、元プロ陸上選手 Deportare Partners 代表 為末 大氏、産業技術総合研究所 人間拡張研究センター 研究センター長 持丸 正明氏が登壇した。

 冒頭、モデレーターを務めた日経BP 技術メディア局長 河井 保博氏は、「人間拡張のテクノロジーには、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)などがある。他の技術とも組み合わせて、どのようなことができ、どんな世界観がこの先広がっていくのか」と疑問を投げかけた。

 人間拡張(human augmentation)の“拡張”には、増強という意味合いが含まれている。つまり、テクノロジーで人間の能力をさらに高めていく取り組みが人間拡張だと定義できる。

 この視点に立ち、まず為末氏はスポーツの世界では人間拡張に以前から取り組んできたことを紹介。例えばスピードスケートの分野では、「ブレード」と「かかと部分」が離れるシューズ「スラップスケート」の登場で、清水宏保選手が1998年の長野オリンピックで金メダルを獲得したと紹介。「選手の能力を拡張するスラップスケートにうまく適応できた選手はますます強くなった一方、対応できなかった選手は世界トップクラスであってもランクを大きく下げていった」(為末氏)。「人間拡張の技術が登場したときも、適用できる人とできない人がでてくる。つまり、全ての人の能力を高める技術ではない。これはすごく重要なことだ」とした。

 さらに為末氏は、陸上競技における厚底シューズを取り上げた。「反発力を上手に使えば記録が伸びるシューズは、履いていることで能力を高めるテクノロジーと言える。ただ行き過ぎるとスポーツの世界では“ドーピング”と呼ばれる」(為末氏)。一方、一般社会にはドーピングに対する規制がないとし、テクノロジーで人間の能力を拡張し始めた今、「私たち人間は、どこまで踏み込んでいっていいのかを考えるべきである。テクノロジーを使える人間と使えない人間の差がすさまじく大きくなってしまうからだ」と述べた。

元プロ陸上選手 Deportare Partners 代表 為末 大氏は、スポーツの世界からみた人間拡張の可能性と課題について持論を展開
元プロ陸上選手 Deportare Partners 代表 為末 大氏は、スポーツの世界からみた人間拡張の可能性と課題について持論を展開

 例えば障害者スポーツの世界では、走り幅跳びでドイツのマルクス・レーム選手が義足で8メートル51センチ近くを跳ぶ。「2020年の東京五輪では、パラリンピアンが初めてオリンピアより遠くに跳ぶかもしれない。だとすれば今後は、高齢者に対して歩行をサポートする技術として応用することも人間拡張の重要なテーマになると考えている」とも語った。

健常者と障がい者の「標準」があいまいになる

 続いて持丸氏が、現在の国内における人間拡張の研究の実情について説明した。持丸氏によれば、拡張すべき人間の能力を「身体」「感覚」「認知や知識」「コミュニケーション」などに分け、さらに拡張する内容を「加速」「向上」のように分離して多くの研究が個別に進められている状況だという。そして現在は、「パワーアップ」「テレイグジスタンス」「BMI」「テレコミュニケーション」といった個々の技術を、いよいよ統合的に研究を進めていくべきタイミングに来ているとの見立てを示した。