八村塁の米プロバスケットボールNBA入りで盛り上がるバスケットボール界。日本でも2016年に誕生した男子プロリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」の注目が高まっている。入場者は毎年増加し、今や客層の約半分が女性。その集客手法を探ると、ターゲットを絞りすぎない施策が奏功したようだ。

年間表彰式「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」でベスト5に選ばれた選手たち
年間表彰式「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」でベスト5に選ばれた選手たち

Bリーグ観戦ならではの“特性”が女性に刺さる

 2018-19シーズンが5月に終了し、総入場者数がB1・B2合わせて259万人を超え、発足以来3年連続で入場者数増を達成したBリーグ。19年5月11日の「B.LEAGUE FINAL 2018-19」では、同リーグ史上最大入場者数の1万2972人を記録。さらに優勝決定トーナメント戦「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」では、初めて開幕から全試合満員となった。

2018-19シーズン・Bリーグ「B1」入場者数の推移。平均入場者数は前シーズンに比べて6%増加(資料提供:B.LEAGUE、以下同)
2018-19シーズン・Bリーグ「B1」入場者数の推移。平均入場者数は前シーズンに比べて6%増加(資料提供:B.LEAGUE、以下同)

 発足3年にもかかわらず、Bリーグには他のスポーツを猛追する勢いがある。注目すべきは客層の約45%が女性であるという点。その理由はどこにあるのか。BリーグPRグループの兼井明子氏はこう話す。

 「開幕前に行った市場調査のアンケートで、観戦に対する女性の興味が高かった。そもそもサッカーや野球では女子の部活があまり存在しないが、バスケットボールは女子の部活としてなじみがある。さらにBリーグ観戦ならではの“特性”も、女性客が多い理由の1つではないか」と兼井氏。

 Bリーグ観戦ならではの“特性”とは何か。

 「試合が行われる場所がアリーナ内なので、天候に左右されず日焼けもしない。スカートやパンプスでおしゃれして観戦できる。選手との距離も近く、試合中の写真撮影と15秒以内の動画撮影もOK(※個人利用目的に限る)」(兼井氏)。トイレをきれいに保つなど、女性がストレスなく楽しめるようにプロモーションとは別の視点から配慮を行き届かせている点も、好影響を与えているようだ。

 高額席のチケットを購入して観戦する女性客も増えてきているとのこと。高額席は試合を一番近くで見られる。最近は若い女性たちが「#Bリーグ観戦」というハッシュタグを付けて、観戦の様子をSNSにアップしているという。公式SNSで拾い上げることも多いそうだ。

 興味はあるけれど1人では行きづらいライト層のために、コミュニティー作りにも注力する。女性向けウェブメディアの「オズモール」と協力し、観戦後にレストランで食事するツアーを開催した。同じ熱量で試合の感想を語り合えるため、年齢層を越えた知り合いができ、新たなコミュニティーが生まれたという。このツアーは好評で、今後も実施する考えだ。