日本国内だけでしか使えない“ガラパゴスMaaS”ではなく、世界基準のMaaSをつくる――。高速バス大手のWILLER(ウィラー)が目指す「アジアMaaS」の開幕戦ともいえる取り組みが、シンガポールに続き、ベトナムで始まった。6月26日に発表された、その中身とは?

WILLER社長の村瀨茂高氏(写真右)と、ベトナム最大級の交通グループ・マイリンを束ねるホー・フィ氏
WILLER社長の村瀨茂高氏(写真右)と、ベトナム最大級の交通グループ・マイリンを束ねるホー・フィ氏

 ウィラーは、シンガポールの現地子会社・WILLERS(ウィラーズ)を通じて、2019年6月から自動運転の実証実験を始めた。将来的に交通サービスの主軸となり得る自動運転の知見を、長期テストを行いやすい海外で獲得する狙いだ。

 それに続くベトナムでは、1万6000台のタクシーを擁する大手交通事業者・マイリングループとのジョイントベンチャー、MaiLinh-WILLER(マイリンウィラー)を立ち上げ、6月26日からタクシー配車アプリサービスを展開。8月からは北部にある首都ハノイから南に約250㎞下ったタイホアまでを結ぶ都市間バス「MaiLinh-WILLER EXPRESS」の運行を始める。そして10月には、タクシー配車アプリ上で都市間バスも検索・予約・決済できるようにし、出発地から目的地までをシームレスにつなぐMaaSの世界を実現する計画だ。

 ウィラーが組んだマイリングループは、ベトナム国内のタクシー台数シェアで20%を超え、唯一全国でサービスを展開している最大手。その他、高速バスやシティバスを100台、レンタカーを300台、輸送サービス用バイクを7000台運用している。決済サービスとしてはプリペイド型のMCC(MaiLinh Customer Club)カードを展開しており、累計23万枚を配布、1万9000社が利用しているなど、強固な顧客基盤を誇る。

緑色で統一されたマイリンタクシー
緑色で統一されたマイリンタクシー

 ベトナムでは、自家用車などを使う送迎のマッチングサービス(ライドヘイリング)で東南アジア最大手のグラブが進出したことにより、競争が激化しつつある。これに対抗すべく、タクシー配車で「日本品質」の運行管理・サービスレベルを実現し、さらに基幹交通となる都市間バスを連携させたドア・ツー・ドアの交通サービスとして差別化を図る狙いだ。「ベトナムが経済発展してきた中で、料金よりも安全性やサービス水準といった品質に反応する層が増えている。そのマーケットに加え、日本からの出張者や旅行者のニーズにも応えていきたい」(ウィラーの村瀨茂高社長)と話す。

 タクシー配車アプリは、まずハノイのマイリンタクシー1000台を対象にスタート。2020年にはベトナム全省に広げる。機能としては、ユーザーの呼び出しに応じてリアルタイムで空車のタクシーをマッチングするだけではなく、配車時に運賃が確定してネット決済できたり、多言語(日本語、英語、ベトナム語)のチャット機能でドライバーとのやり取りができたりと、日本からの旅行者にとっても使いやすい仕様になっている。

 例えば、チャット機能では「ここで止まってください」「経路が違うと思います」といった定型文が用意されており、日本語のリストから選んでチャットを送ると、ドライバーにはベトナム語に変換されて届く。今後はタクシーの事前予約や韓国語、中国語への対応を進める方針だ。