2019年6月10~13日にイスラエルのテルアビブで開催された、世界最大規模のモビリティ系スタートアップの祭典「エコモーション(EcoMotion)」。“中東のシリコンバレー”と称されるイスラエルで産声を上げた注目のスタートアップや、モビリティ分野の最新動向を専門家がリポートする。

出典/エコモーション2019公式サイトより
出典/エコモーション2019公式サイトより

 自動運転車両の“目”となる画像処理チップを手掛けるモービルアイ(Mobileye)や、相乗りサービスで急成長しているヴィア(Via)など、自動運転やスマートモビリティ分野で、最先端技術を擁するスタートアップを数多く輩出してきたイスラエル。政府が主導している先進モビリティの展示会「エコモーション」では、イスラエル発のスタートアップと世界の大企業のマッチングを促し、海外進出および海外投資を引き出す狙いがある。

 7回目の開催となる19年は、「自動運転&コネクテッド」「都市モビリティ」「シェア・モビリティ」「ドローン&航空」「海上モビリティ」といった分野で展示や講演を実施。イスラエル国内外から341のスタートアップを含む実に1375社が集結し、日本の自動車メーカーや部品メーカーも多数参加している。18年に続き、エコモーションを視察した世界最大のアクセラレーター/ベンチャーキャピタルPlug and Play日本法人でモビリティ分野を担当する江原伸悟ディレクターに、現地の様子やモビリティの最新動向を聞いた。

展示会場では、イスラエルの注目スタートアップがひしめく(出典/エコモーション2019公式サイトより)
展示会場では、イスラエルの注目スタートアップがひしめく(出典/エコモーション2019公式サイトより)

「AUTO-SHIYORI(お年寄り)」技術に注目