新サービス普及の鍵を握る「ドルビーアトモス対応4Kテレビ」

 「約2年にわたって開発を続けてきた技術がようやく実を結んだ」とクレイマー氏。Netflixが全世界共通で公開しているコンテンツについては、19年5月の段階で既に高音質オーディオに対応している。今後公開される作品についても、高音質オーディオが採用されることは確実だ。

高音質オーディオは19年の5月からNetflixの全てのプランで対応。「プレミアム」プランならドルビーアトモスのコンテンツも視聴できる
高音質オーディオは19年の5月からNetflixの全てのプランで対応。「プレミアム」プランならドルビーアトモスのコンテンツも視聴できる

 従来のオーディオと高音質オーディオに明らかな差があるとなれば、5.1チャンネル、およびドルビーアトモス対応製品にとっては大きなセールスポイントになる。ドルビーアトモス対応が増えているスマートフォンやタブレットも、高音質オーディオが楽しめるとなればその魅力が増すだろう。クレイマー氏は「提供が始まったばかりだが、クリエイターとユーザーの双方から高く評価されている。対応デバイスの拡大も含め、Netflixではユーザー体験を向上させるあらゆる可能性について検討している」と語る。

Netflix プロダクション・サウンドテクノロジー マネジャーのスコット・クレイマー氏
Netflix プロダクション・サウンドテクノロジー マネジャーのスコット・クレイマー氏

 既に追い風は吹いている。ソニーとパナソニックが19年に発売する4Kテレビの上位機種に、テレビ単体でドルビーアトモスのオーディオ再生が可能なモデルをそろえるからだ。ホームシアターに必要な製品を買いそろえなくても高音質オーディオが楽しめるのは、ユーザーとしてもありがたい。

ソニーが19年に発売する4Kブラビアでは、写真の「A9G」を含む4モデルが、ソフトウエアアップデートにより内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの立体音声に対応する
ソニーが19年に発売する4Kブラビアでは、写真の「A9G」を含む4モデルが、ソフトウエアアップデートにより内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの立体音声に対応する

 ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツでソニー製テレビおよびオーディオ事業の中期商品戦略を担当するHES商品戦略室 部門長の長尾和芳氏は、「ソニーは大画面と高画質・高音質による臨場感で、ユーザーの映像体験を高めることを目指している。画質だけでなく、音質でも優れたコンテンツをより多くの人に楽しんでもらえる環境が整備されるのは喜ばしい」と述べている。

 ドルビーアトモス対応の高音質テレビに関しては、今後メーカー各社が注力していくのは間違いない。そうなればハードウエア(4Kテレビ)とソフトウエア(コンテンツ)の両輪がかみ合って、ホームシアター市場が再び活況を呈する可能性もある。