現在のSNSは動画が主流。文字や画像の投稿は慣れていても、動画の扱いは模索状態という企業担当者も多いだろう。そうした中、Instagramの「IGTV」という長尺動画サービスが注目されつつある。縦長動画を基本とするIGTVの活用と導入メリットについて解説する。

長尺の動画投稿ならInstagram「IGTV」の利用も検討してみよう(写真/鈴木朋子)
長尺の動画投稿ならInstagram「IGTV」の利用も検討してみよう(写真/鈴木朋子)

スマホでの視聴を前提とするIGTV

 InstagramはグローバルのMAU(月間アクティブユーザー)が10億人を超える人気SNSだ。2019年6月7日のリリースによると、日本国内における月間利用者数(MAU)は3300万人。18年11月から400万人も増えた。

 「インスタ映え」の印象が強いInstagramだが、映える画像が主に投稿されるのは「フィード」。これに対し、飾らない日常風景の投稿が中心で、24時間で投稿した写真や動画が消えるのが「ストーリーズ」だ。ちなみに投稿可能な動画の長さは、フィードで最大1分、ストーリーズは最大15秒となっている。

 そこに18年6月、Instagramは最長60分の動画を投稿できる「IGTV」を投入した。IGTVはInstagramとは別の単独アプリで提供されている。とはいえInstagramとの連係は密で、最長60分の動画を投稿するためには、Instagramのフォロワーを1万人以上獲得しなければならない。それに達しないと、投稿できる動画は「15秒以上・15分以下」となってしまう。

投稿できる動画は15秒から15分以内
投稿できる動画は15秒から15分以内

 こうしたハードルの高さもあってか、19年6月20現在、Android版のダウンロード数は100万超にとどまり、App Storeでもランキング上位にその姿は見当たらない。だが、長時間の動画を投稿したいという個人や企業のニーズもあり、認知度が高まってきた。

 IGTV最大の特徴は縦長の構図を基本としている点。ここが同様の動画配信サービスを提供しているYouTubeと大きく異なる。YouTubeは従来のテレビやパソコンに準じ、横長での視聴を想定している。

 IGTVはローンチから約1年間、スマホでの視聴を前提に縦長フォーマットを前面に押し出してきた。19年5月23日に横長動画のサポートも始めたが、これは横長に最適なコンテンツにも対応するためで、決して縦長に見切りをつけたわけではない。実際Instagramで好評を博しているストーリーズも縦長だ。スマホ利用者の90%は縦の状態のまま使用しているとの調査結果もある(「MOVR Mobile Overview Report Q2 2017」参照)。スマホユーザーにとっては縦長動画のほうがなじみ深いのだ。

IGTV画面。起動するといきなり再生が開始される
IGTV画面。起動するといきなり再生が開始される

 縦長動画のメリットは、被写体が画面の中央に大きく映し出されることだろう。特に人物は縦長なので、横長フォーマットだと1人か2人といった少人数を撮影した場合、両端に無駄な空間が生まれてしまう。しかし縦長であれば、被写体との距離がより近く感じられるように撮影できる。

 Instagramといえばファッションやコスメなどのブランドに強い印象があるが、「人物を推す」視点で捉えれば、縦長動画はさまざまな分野への活用が考えられる。それは必ずしもインフルエンサーに限らない。ものづくりをしている人、サービスを提供する人など、人物中心のクリエイティブが想定できる。

 では実際にIGTVをうまく利用している事例を紹介しよう。