大丸心斎橋が掲げる「5つのフィロソフィ」の1つ「地域とともに、シビックプライドの向上・復権をめざす」を具現化した7階の心斎橋テラス(仮称)。テラスの環境をフロアに引き込み、癒やしの空間に
大丸心斎橋が掲げる「5つのフィロソフィ」の1つ「地域とともに、シビックプライドの向上・復権をめざす」を具現化した7階の心斎橋テラス(仮称)。テラスの環境をフロアに引き込み、癒やしの空間に

9月開店、大丸心斎橋店本館がGINZA SIXモデルで大刷新

2019年06月17日
  • 2019年9月20日グランドオープンする大丸心斎橋店本館。外壁は米国出身の建築家ヴォーリズの名建築を最新技術で保存、復元。高層部は外壁と調和するデザインになっている
  • 写真左から大丸大阪・心斎橋店長兼心斎橋新店計画室長の西阪義晴氏、大丸松坂屋百貨店社長の好本達也氏、J.フロント リテイリング社長の山本良一氏、ゲストのNPO法人御堂筋・長堀21世紀の会理事長の成松孝氏
  • 大丸心斎橋が掲げる「5つのフィロソフィ」の1つ「地域とともに、シビックプライドの向上・復権をめざす」を具現化した7階の心斎橋テラス(仮称)。テラスの環境をフロアに引き込み、癒やしの空間に
  • 「顧客がメディアとなるような、ドラマチックな世界観を演出する」というフィロソフィを具現化したフードホール。百貨店クオリティーのテナントと店舗環境を目指した
  • 旧エレベーターホールの建て替え後完成予想図。保存価値の高い内装デザインを可能な限り再現。採取可能な部材は現物を再利用し、困難な部材は原形を型取りして復元した
  • 旧心斎橋筋玄関を華やかに飾っていた孔雀(くじゃく)のレリーフ。1925年から掲げられ、以来、大丸のシンボルとして親しまれてきた