「ランチ問題」はオフィスパーソンにとっての悩みの種だ。昼休みを入店待ちで浪費するのは避けたいところ。受取時間を指定できる弁当テークアウトの月額定額制サービスが、会員を増やしている。飲食店のテークアウトには軽減税率が適用されることから、今後の需要拡大が見込まれる。

「Spice & Cafe FamFam」のテークアウト用弁当「スパイスカレーとチキンティッカサラダとドリンクセット」。POTLUCKで販売している
「Spice & Cafe FamFam」のテークアウト用弁当「スパイスカレーとチキンティッカサラダとドリンクセット」。POTLUCKで販売している

 オフィス街や繁華街などでランチを食べようとしても、どこの店も大混雑。貴重な昼休みの時間を無駄にして、イライラしたことがある人は多いだろう。一方、ピーク時の混雑は、飲食店にとって機会損失につながる。

 客と飲食店の両方の不満を解消するとして、月額定額制の弁当テークアウトサービス「POTLUCK(ポットラック)」が販売実績を伸ばしている。POTLUCKは、ユーザーがネットで飲食店を検索し、ランチやディナーの弁当を予約できるサービス。ユーザーは、ランチの場合は午前10時まで、ディナーの場合は午後5時までに予約し、指定した時刻に店に弁当を取りに行く。混雑時に並ばずに済み、前払い制なので店舗での決済が必要ない。

 料金プランは、ランチ食べ放題が月額1万2000円(税抜き、以下同じ)、ランチ・ディナー食べ放題が月額2万4000円のほか、1カ月間限定の回数券プランとして、6チケット(月額4080円)、12チケット(月額7800円)、20チケット(月額1万2000円)がある。1日に昼1回、夜1回まで利用できる。一部店舗は土日にも販売する。

 食べ放題プランの場合、使うほどお得になる。例えば、月額1万2000円のプランでランチを1カ月に平日のみ20日食べたとして、1食当たり600円、30日食べたら1食400円になる計算だ。1食当たりの金額は、最近増えているフードトラックと同程度か、毎日食べたら確実に安価になる。消費者にとって毎日の食費を節約できる点は魅力的だ。

 一方、飲食店にとっては、予約を受け、事前に作り置きできるので、忙しいときでも店舗での運営にそれほど支障が出ず、テークアウトの売り上げを上乗せできる。さらに、弁当を通して新規客を開拓できるメリットも大きい。

 サービス開始は、2018年9月3日。現在、会員数は6300人で東京・渋谷、表参道、恵比寿、代官山、中目黒などにある約150店が参加する。累計販売数は、19年3月3日に1万食を突破し、19年5月20日に2万食に達した。サービスエリアの拡大とともに、伸びが加速している。登録店舗数は、1カ月当たり15~30ほど増加している。