2019年9月、東京・日本橋に開業する「コレド室町テラス」の核テナント「誠品生活日本橋」の中身が明らかになった。“アジアで最も優れた書店”と評される「誠品書店」を育てた感性と手腕を生かし、日台文化を融合した売り場が誕生する。その見どころを先取りすべく三井不動産の担当者を取材した。

日本1号店「誠品生活日本橋」の店舗空間は、中国第1号店「誠品生活蘇州」の設計も手掛けた台湾を代表する建築家、姚仁喜(クリス・ヤオ)氏が設計
日本1号店「誠品生活日本橋」の店舗空間は、中国第1号店「誠品生活蘇州」の設計も手掛けた台湾を代表する建築家、姚仁喜(クリス・ヤオ)氏が設計

土地に合わせてテーマが異なる店舗

 誠品生活日本橋には、誠品書店のほかコスメやフードなど日本初進出の5店舗を含む50もの台湾ブランドが出店する。ものづくりのワークショップや文化人のトークセッション、料理実演など体験型コンテンツを盛り込み、読書と文化の交流に取り組むのも、誠品生活ならではの戦略だ。

 台北旅行の経験者なら誠品書店の名前を一度は目にしたことがあるかもしれない。台湾の出版文化をけん引し、読書習慣を根付かせることで文化発展の一翼を担ってきた書店だ。客が地べたに座って本を試読する光景もおなじみ。書店から始まり、現在では物販や飲食を集積する商業施設やホテルを運営する企業へと成長した。蔦屋書店が参考にしたともいわれ、上質で居心地のいい空間設計やライフスタイル提案が、地元客のみならず、旅行者の間でも高い評価を得ている。

 最大の特徴は、出店する土地の文化や特色に合わせて店づくりをしている点。現在、台湾をはじめ、香港、蘇州、深圳などに全49店舗を手掛けるが、どの店舗も異なるテーマで展開しているという。

 例えば1989年に台北市内に開業した1号店「誠品敦南店」のコンセプトは、「24時間時差のない読書生活」。99年に24時間営業を打ち出し、「眠らない書店」となった。2013年にたばこ工場をリノベーションしてオープンした「誠品生活松菸店」では、「現代の文化クリエイティブファクトリー」をテーマに、ものづくりの精神を伝える実演にも注力する。同店は米CNNによる「世界で最もクールな百貨店14」の1つにも選出されている。その他、誠品信義店は百貨店集積エリアにあり、高級路線だ。

「24時間時差のない読書生活」をコンセプトとする「誠品生活敦南店」は1989年開業の1号店。TIME誌アジア版で「アジアで最も優れた書店」に選ばれた
「24時間時差のない読書生活」をコンセプトとする「誠品生活敦南店」は1989年開業の1号店。TIME誌アジア版で「アジアで最も優れた書店」に選ばれた
CNNによって「世界で最もクールな百貨店14」の1つに選ばれた「誠品生活松菸店」は2013年オープン。映画館、ホール、ものづくりの実演など台湾カルチャーを集積した初の総合型店舗
CNNによって「世界で最もクールな百貨店14」の1つに選ばれた「誠品生活松菸店」は2013年オープン。映画館、ホール、ものづくりの実演など台湾カルチャーを集積した初の総合型店舗
中国1号店の「誠品生活蘇州」は2015年開業。誠品生活の店舗づくりでは、場所の特性や文化を最も重視する
中国1号店の「誠品生活蘇州」は2015年開業。誠品生活の店舗づくりでは、場所の特性や文化を最も重視する

 「誠品生活はその場所の精神性を大事にしていて、同じ台北市内の店舗であっても切り口を変えている。そこに彼らの目利きで選ばれた商品が展開され、体験の要素があることに期待している」と、三井不動産の商業施設本部商業施設営業一部営業グループの小林直仁氏は話す。

 東京・日本橋といえば、江戸時代から文化、商業の中心地であり、かつてのにぎわいを再生するプロジェクトが進んでいる。ものを買うだけにとどまらず、時間消費を促すサードプレイスを目指した。テーマは「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」。書籍を軸に、文具・雑貨、セレクト物販・ワークショップ、レストラン・食物販の4ゾーンで構成し、ワンフロアまるごと誠品生活という、台湾好き必見の世界となっている。