「24時間時差のない読書生活」をコンセプトとする「誠品生活敦南店」は1989年開業の1号店。TIME誌アジア版で「アジアで最も優れた書店」に選ばれた
「24時間時差のない読書生活」をコンセプトとする「誠品生活敦南店」は1989年開業の1号店。TIME誌アジア版で「アジアで最も優れた書店」に選ばれた

「アジアNo.1書店」日本上陸 「誠品生活日本橋」の見どころ

2019年06月18日
  • 日本1号店「誠品生活日本橋」の店舗空間は、中国第1号店「誠品生活蘇州」の設計も手掛けた台湾を代表する建築家、姚仁喜(クリス・ヤオ)氏が設計
  • 「24時間時差のない読書生活」をコンセプトとする「誠品生活敦南店」は1989年開業の1号店。TIME誌アジア版で「アジアで最も優れた書店」に選ばれた
  • CNNによって「世界で最もクールな百貨店14」の1つに選ばれた「誠品生活松菸店」は2013年オープン。映画館、ホール、ものづくりの実演など台湾カルチャーを集積した初の総合型店舗
  • 中国1号店の「誠品生活蘇州」は2015年開業。誠品生活の店舗づくりでは、場所の特性や文化を最も重視する
  • 2018年9月に台北市内にオープンした「誠品生活南西店」
  • 全店舗を通じて毎年5000回以上の体験型イベントを開催する。店舗に併設されたガラス工房でのワークショップも話題を集めそう
  • 日本語の書籍を中心に文学から人文、アート、デザイン、ビジネス、ライフスタイルまで幅広い品ぞろえになる予定。写真は誠品南西店の書籍ゾーン
  • 誠品生活南西店で人気を集めるインキュベーションゾーン「誠品生活expo」が日本でも導入される
  • 台湾発の女性向け漢方ブランド「DAYLILY(デイリリー)」は日本初登場。写真は誠品生活南西店の売り場
  • 写真は誠品生活南西店の神農生活。食料品を販売する食物販ゾーンも洗練されたイメージが期待される
  • 誠品生活日本橋のクッキングスタジオのイメージ写真
  • クッキングスタジオでは料理研究家やシェフによる食のワークショップを開催