サッポロビールが2019年4月に発売したビール「Innovative Brewer SORACHI1984」は、自社開発のホップ「ソラチエース」を使ったビール。同社のクラフト事業部 ブリューイングデザイナー 新井健司氏と、同マネージャー 谷紘子氏がSORACHI1984で作りたい新たなビール文化とは?

サッポロビールの「Innovative Brewer SORACHI1984」。350ミリリットル缶で実売価格は248円(税別)前後
サッポロビールの「Innovative Brewer SORACHI1984」。350ミリリットル缶で実売価格は248円(税別)前後

 「Innovative Brewer SORACHI1984」のホップ、ソラチエースは、サッポロビールが開発して1984年に品種登録した。日本生まれのホップだが、人気が高まったのは海外で、そこから日本に逆上陸してきたという異色の経歴を持つ。

 そんなソラチエースを採用したSORACHI1984のターゲットは“ちょっと背伸びをすれば手に入るようないいモノに囲まれていたいと思っている人たち”だという。実売価格は350ミリリットル缶で248円(税別)前後と、200円前後の「サッポロ生ビール黒ラベル」より高いが、一般的なクラフトビールより安い。300円以上だと非日常感が出てきてしまい、特別なときに飲むようなビールになってしまうため、その手前の価格に設定した。

 「高級ビールではないが、毎日飲むタイプのビールでもない。その中間にある“ちょっといい製品”を目指した。消費の二極化が進んでいると言われているが、実際はその中間にも市場ニーズがあるのではないか」(新井氏)

 SORACHI1984はソラチエースを100%使用し、その個性が強く出た製品だが、希少なホップを使ったというだけでは消費者へのアピールが弱い。そこで、ソラチエースの品種登録からSORACHI1984の発売まで35年間かかった、その開発ストーリーでアピールすることにした。開発期間が数年の商品では、こうした物語性は打ちだせない。公式サイトでは、日本で生まれたソラチエースが日本ではなかなか人気が出ず、米国に持ち込まれてそこでクラフトビール醸造家に認められて、逆上陸の形で日本にやってきたという経緯を丁寧に紹介している。

 「SORACHI1984はストーリーを売りたい製品。サッポロビールには、100年以上にわたってホップや大麦を研究してきた歴史がある。そのサッポロビールならではの強みを打ちだそうと考えた」(新井氏)

クラフトビール市場を狙うが、クラフトビールと呼ばない

 店頭ではクラフトビールと競合しそうな製品だが、製品発表会で高島英也社長は「クラフトビール市場がターゲットだが、あえてそう呼ばない」と述べた。もともとInnovative Brewerはサッポロビールの子会社であるジャパンプレミアムブリューのブランド。そこでソラチエースを使った製品をこれまで2回限定発売したが、大手メーカーがクラフトビールと銘打った製品を出すことには批判もあったという。

2016年にジャパンプレミアムブリューより限定発売された「Craft Label THAT’S HOP 伝説のSORACHI ACE」(サッポロビール提供)
2016年にジャパンプレミアムブリューより限定発売された「Craft Label THAT’S HOP 伝説のSORACHI ACE」(サッポロビール提供)

 「クラフトビールが好きな人は、フレーバーのバリエーションなどにこだわった、新しい世界を見せてくれるビールを求めていることが多い。SORACHI1984なら、そう呼ばなくてもアピールできるのではないか」(新井氏)という考えからだ。

 購入者は40~50代のビール好きが中心だが、他のビールに比べると20~30代の若い層が多く、実際にクラフトビールに近い好まれ方をしているとみている。4月より全国のスーパーやコンビニなどで販売し、外食展開も始めたが、クラフトビールを取り扱う店からも引き合いがあるという。