回転ずしのスシローが運営するすし居酒屋「杉玉」や、吉野家がオープンした「鶏千」など、飲食業界では“本業”で培ったノウハウを生かした新業態への取り組みが活発だ。

飲食業界では、各社が続々と新業態の店舗を出店している
飲食業界では、各社が続々と新業態の店舗を出店している

 外食チェーンは競争が激しく、常に新しいトレンドを生み続ける必要がある。そこで、各チェーンは新業態の店舗を開発し、新たな顧客開拓に取り組んでいる。なかには業態の異なる店舗をいくつも運営している外食チェーンもある。ここでは、回転ずしや牛丼のチェーンが運営する新業態をまとめた。

スシローのすし居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」

 回転ずしチェーン大手スシローグループが手がけたのは、すし居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」。名前の通り、すし店と海鮮系の居酒屋を1つにした業態だ。すしと相性のいい日本酒や焼酎がメインとなっている点が、食事がメインのスシローとは異なる。すしのメニューは税別299円のものが中心で、素材の鮮度・品ぞろえにはスシローの商品開発力、調達力が生かされているという。

 酒類を提供しつつも、客層を絞り込まないのは主力業態のスシローと同様。カップルや家族連れでも気軽に来店できる。夜の時間帯の客単価は、どの店舗も3000円前後となっている。

 2019年6月時点の杉玉の店舗数は7店舗。酒類がメインの業態なので車での来店が想定される郊外には展開しにくいが、5年以内に駅前、ショッピングセンター内などに100店舗オープンを目指す。19年11月には東京・新宿および武蔵野市に出店する予定だ。

鮨・酒・肴 杉玉 神楽坂の外観。各店ともネット予約が可能で、飲み放題メニューもある。ランチタイム以外では喫煙もOK
鮨・酒・肴 杉玉 神楽坂の外観。各店ともネット予約が可能で、飲み放題メニューもある。ランチタイム以外では喫煙もOK
店名の「杉玉」をイメージした「杉玉ポテトサラダ(税込み399円)」やキャビアの缶に詰めて提供される「キャビア寿司(税込み299円)」など、独自の変わり種メニューもSNSでの拡散、集客に一役買っている
店名の「杉玉」をイメージした「杉玉ポテトサラダ(税込み399円)」やキャビアの缶に詰めて提供される「キャビア寿司(税込み299円)」など、独自の変わり種メニューもSNSでの拡散、集客に一役買っている

 また、スシローグループではフードコート向けの業態である「スシローコノミ」も展開中。スシローコノミは、回転ずしではなく客が注文伝票にすしの種類と貫数を記入して注文するスタイルだ。19年5月時点で川崎ルフロン店、イオンモール宮崎店、FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店の3店が営業している。

木曽路の大衆居酒屋「酒場大穴(ダイアナ)」

 しゃぶしゃぶ・日本料理のチェーン店「木曽路」を展開する木曽路グループも、「天丼てんや」「ワイン食堂ウノ」など、複数の業態を展開している企業の1つ。19年4月、同グループが東京・中央区の人形町にオープンしたのが「酒場大穴(ダイアナ)」だ。

 大衆居酒屋ということで、同店のメインターゲットは、近隣に勤務する30~50代の男性客。しかし、若年層やシニア層、ファミリー層もサブターゲットに置いており、帰宅前の“ちょい飲み”から遅めの夕飯、女子会や家族連れでの利用まで、外食ニーズの全てを想定しているという。

 「酒場大穴は、食事をする店、酒を飲む店という垣根を外し、多様なニーズに応えるために木曽路グループが提案する“酒場”という新業態。人形町という下町の良さを生かした新しい店作りにチャレンジした」(同グループ広報担当)

 価格が手ごろな点も酒場大穴のセールスポイントで、すしは1貫100円(税別)から。「焼きとり」「焼きとん」といった串焼きに加えて、「お手軽お刺身3点盛り」「ポテトサラダ」など居酒屋メニューも約50品をそろえる。

 また、同店オリジナルの「大穴シール(税別200円)」を購入すれば、大穴ハイボール、大穴特製サワーなど、通常価格390円(税別)のドリンク類が何杯でも290円(税別)に。2杯飲めば元が取れるとあって、リピーターの獲得に貢献しているとのことだ。

酒場大穴の外観。店名には、番狂わせを意味する“大穴”の店になってほしいという願いが込められている
酒場大穴の外観。店名には、番狂わせを意味する“大穴”の店になってほしいという願いが込められている
穴子料理、すし、串焼きをメインに手ごろな価格の居酒屋メニューも豊富
穴子料理、すし、串焼きをメインに手ごろな価格の居酒屋メニューも豊富