吉野家の親子丼と唐揚げ専門店「鶏千」

 18年12月にオープンした「鶏千」は、吉野家ホールディングス(HD)が手がける親子丼と唐揚げ専門の新業態。もともとは、吉野家HD傘下のはなまるが鶏千 祖師ヶ谷大蔵店、西葛西店を出店したのが始まりで、その後、持ち帰り唐揚げ専門店の「からから家」の事業と統合されて現在の業態になった。

 吉野家と言えば牛丼だが、ステーキ、うどん、すしなどの専門店も展開している。ところが、これまで鶏肉を採用した業態はなかったという。「鶏肉は世界共通の食材であり、グローバル展開を進める吉野家HDにおいては欠かせない。親子丼、唐揚げは日本人の日常食であり、世界でも通用する。一定のマーケットが存在しているにもかかわらず、100店規模の専門店チェーンがない点も魅力だった」(同HD広報担当)。

鶏千 新高円寺店の外観。入口横には弁当の販売カウンターが見える
鶏千 新高円寺店の外観。入口横には弁当の販売カウンターが見える

 鶏千の主力商品は「親子丼(税込み850円)」と「から揚げ定食(税込み720円)」。親子丼に使われているのは「きよらグルメ仕立て」というブランドの卵で、液卵は使わず、注文を受けてから卵を割る。また、ニンニク、ショウガを使用しない秘伝のたれに丸1日漬け込んだ鶏肉を使った唐揚げは、しょうゆ、塩、ニンニク、カレーの4種類が選べるほか、「4種盛り」も可能だ。

 「『しじみ汁』のだしは毎朝店舗で取り、付け合わせのキャベツも店舗でカットしている。手作り、かつ出来たてをこの価格帯で提供できるのは差異化のポイントだと考えている」(同HD広報担当)

から揚げ定食は4個が720円、6個が870円、8個は990円(いずれも税込み)。ご飯はプラス50円で大盛りに変更できる
から揚げ定食は4個が720円、6個が870円、8個は990円(いずれも税込み)。ご飯はプラス50円で大盛りに変更できる
親子丼は漬物とシジミのみそ汁が付いて850円(税込み)。肉を増量して卵黄を乗せた「上」もある(税込み1000円)
親子丼は漬物とシジミのみそ汁が付いて850円(税込み)。肉を増量して卵黄を乗せた「上」もある(税込み1000円)

 食事がメインの鶏千だが、持ち帰り弁当は単身者を、総菜は近所の主婦層をターゲットにしているとのこと。また仕事上がりの“ちょい飲み”にも対応し、生ビール、ハイボールといった揚げ物と相性のいい酒類に加え、唐揚げや手羽先の単品メニューも用意している。