米企業のビルド・ロボティクスやコンストラクション・ロボティクス、ソフトバンク傘下のボストン・ダイナミクスなどで、建設ロボットの開発が進んでいる。人手で作業してきた仕事をロボットに置き換え、効率化やコスト削減につなげる。

米ビルド・ロボティクスのパワーショベルとブルドーザー。車両の上に付いているのが、同社が開発する後付けのキットで、現場の整地作業を自動化する(www.builtrobotics.com)
米ビルド・ロボティクスのパワーショベルとブルドーザー。車両の上に付いているのが、同社が開発する後付けのキットで、現場の整地作業を自動化する(www.builtrobotics.com)

 米サンフランシスコを拠点にするビルド・ロボティクスは、ブルドーザーやパワーショベルを自動制御する技術を開発している。既存の機材にライダー(光検出と測距)やGPS、Wi-Fiなどの機能を付加するキットを発売。マッピングや障害物回避、ジオフェンシング(地図上に仮想的なフェンスを設置する技術)などができるようにして、整地業務を自動化する。掘削も可能で、センチメートル単位に現場をソフト上で分割し、穴の形状や深さを指定して作業を進めることができる。

作業員を支援するロボットが現実に

 ニューヨーク州を拠点にする米コンストラクション・ロボティクスは「サム」と「ミュール」という2つのシステムを開発した。サムはレンガなどを自動的に積み上げるロボットアーム、ミュールはレンガやブロックを含む建設部材を持ち上げる作業を行うリフトだ。これまで作業員が1つずつ持ち上げていたのを肩代わりし、身体的な重荷を軽減化する。ブロックや木材など同じ部材で自動的に建設するロボットの研究が進んでいるなかで、いち早く市場に投入されている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>