パナソニックは、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載した縦型洗濯乾燥機「NA-FW100/90/80K7」を2019年6月25日に発売すると発表した。家事の手間を省きたい夫婦共働き世帯がターゲット。従来モデルと変わらない大きさにすることで、ななめドラム式洗濯乾燥機が置けず、自動投入機能搭載の洗濯機の購入を諦めていた人を取り込む。

周囲に調和するデザインを求め、ふたにはフレームレスのガラストップを採用。フラットなので手入れしやすい
周囲に調和するデザインを求め、ふたにはフレームレスのガラストップを採用。フラットなので手入れしやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の縦型洗濯乾燥機は、洗濯量、乾燥量の違う3モデル。オープン価格で、店舗予想価格は、洗濯量10キログラム/乾燥量5キログラムで約23万円前後、9キロ/4.5キロで約22万円前後、8キロ/4.5キロで約21万円前後。

洗濯量の少ないモデルに自動投入機能を採用

 最大の特徴は、同社で初めて縦型洗濯乾燥機に液体洗剤・柔軟剤自動投入機能を搭載したこと。業界シェア1位の日立は18年11月に、洗剤自動投入機能を搭載した縦型洗濯乾燥機「BW-DX120C」(洗濯量12キログラム/乾燥量6キログラム)を発売している。今回パナソニックは、洗濯量10キログラム、9キロ、8キロのモデルに業界で初めて、自動投入機能を搭載した。夫婦2人など世帯人数の少ない家庭がターゲットだ。

 今回の新製品では、洗浄力も強化した。洗濯物をかくはんさせるパルセーターと呼ばれる回転羽根を、従来より羽根の断面積が大きいものに変えた。全体を大きくかくはんさせ、衣類を上下・内外に大きく動かし、大きな水流のうねりを作り、ムラのない洗浄を可能にする。泡立てた洗剤液で洗うパナソニック独自の「泡洗浄」と合わせ、高い洗浄力を実現した。

 ふたには、凹凸を抑えたフレームレスのガラストップを採用。手入れしやすい実用面と、周囲に調和するデザイン面を兼ね備えた。

新モデルは、洗濯量10、9、8キログラムの3モデル。カラバリは容量10キロでシャンパンとホワイト、9キロでブラウン、8キロでホワイトの3色展開。写真は左からシャンパン(10キロ)、ブラウン(9キロ)、ホワイト(8キロ)
新モデルは、洗濯量10、9、8キログラムの3モデル。カラバリは容量10キロでシャンパンとホワイト、9キロでブラウン、8キロでホワイトの3色展開。写真は左からシャンパン(10キロ)、ブラウン(9キロ)、ホワイト(8キロ)
[画像のクリックで拡大表示]

自動投入機能の魅力

 2017年に業界で初めてななめドラム式洗濯機に、液体洗剤・柔軟剤自動投入機能を搭載したパナソニック。自動投入機能は、液体洗剤や柔軟剤を自動投入用タンクに入れておけば、洗濯の度に洗剤の適量を自動計量し投入する機能だ。その魅力は、なにより手間が省けること。洗剤の投入は時間にすればわずかだが、これを面倒だと感じる人もいるだろう。

 同社の調査によると、洗剤自動投入機能は、約85%が購入時に魅力を感じ、約83%が使用後満足したと回答した。「洗剤の自動投入があるので、自分が洗濯できないとき、頼みやすくなった」(パナソニック)という購入者もいるようだ。洗濯機のシェアはまだまだ圧倒的に縦型なので、縦型洗濯機への洗剤投入機能の搭載は急務だったといえる。

ななめドラム式洗濯機に搭載した「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」を魅力的だと感じている人は多い
ななめドラム式洗濯機に搭載した「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」を魅力的だと感じている人は多い
[画像のクリックで拡大表示]
出荷台数は縦型が圧倒的
出荷台数は縦型が圧倒的
[画像のクリックで拡大表示]

サイズは従来モデルとほぼ同じ

 パナソニックは縦型モデルに自動投入機能を搭載するに当たって、サイズが従来モデルと変わらない点に注力した。ドラム型洗濯乾燥機の販売数が伸び悩む理由は、「物理的に大きくて設置できないことと価格が高いこと」(パナソニック)だったからだ。

 洗剤投入機能を搭載した縦型洗濯乾燥機は、従来の縦型洗濯乾燥機「NA-FW100/90/80S6」と比べ、幅は変わらず、奥行きは16ミリメートル、高さは18ミリ増に抑えた。また、ふたを開けたときの高さは、「全国の家庭の洗濯機を置くスペースの高さが1500ミリが多かった」(パナソニック)ため、新モデルでは1490ミリに抑えた。

 一方価格面は、従来のモデルは発売から2年を経て、現在家電量販店では15万円前後で販売されている。10キロの洗濯ができる新モデルは23万円前後なので、約8万円の差だ。とはいえ、夫婦共働き世帯の中には、「少々価格が高くても時短に有効な家電を購入し、自由な時間を持ちたい」(パナソニック)という人も多いという。

 共働き世帯の増加や高齢化の進行により、これまでより時短や手間がかからないことが求められるだろう。価格以上に利便性を求めるニーズへ訴求する必要がありそうだ。

(写真提供/パナソニック)