6月から、au、ソフトバンクに引き続き、NTTドコモも通信料金と端末代金を分離した「完全分離プラン」に移行。通信料金は値下げになる一方で、端末代金の負担感が増すことになる。逆風を跳ねのけるべく国内の2大スマホメーカーが採った策は、意外にも正反対なものだった。

シャープ、ソニーで対照的なハイスペックスマホの売り込み方(画像)

 高止まりする通信料金を下げる狙いで導入された完全分離プラン。毎月の通信料金から端末代金の一部を割り引く「端末購入補助」がなくなるため、これまであまり意識されてこなかった“素”の端末代金がクローズアップされることになる。先行して完全分離プランを導入したauやソフトバンクでは、3~4万円台のミドルレンジモデルの比率が高まり、10万円を超えるようなハイエンドモデルには逆風が吹き始めている。

 そんななかで発売される、アンドロイドスマホの夏モデル。注目は、17年・18年と2年連続でアンドロイドスマホ分野のシェアトップ(BCN調べ)に立っているシャープのフラッグシップモデル「AQUOS R3」と、ここ数年低迷が続いていたソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー)が「イチから生まれ変わった」(ソニーモバイルコミュニケーションズの岸田光哉社長)とうたう「Xperia 1」だ。どちらも高い性能を誇るモデルだが、興味深いのはメーカーの打ち出し方が大きく異なる点だ。

15秒動画を勝手に作ってくれるシャープ

シャープのフラッグシップモデル「AQUOS R3」。NTTドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売される
シャープのフラッグシップモデル「AQUOS R3」。NTTドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売される

 シャープのAQUOS R3は、前モデルの64倍にもなる10億色の表現が可能なPro IGZO液晶ディスプレーや、暗所でも複数枚を撮影して被写体のブレを補正する機能など、フラッグシップならではの新機能を多数搭載する。しかし、5月にシャープが開いた製品発表会で最大の目玉として掲げられたのは、高いスペックではなかった。スローガンは「脱 撮りっ放し動画への挑戦」だと、シャープ通信事業本部パーソナル通信事業部長の小林繁氏は言い切る。

 小林氏によると、カメラの性能向上により動画のクオリティーは十分になっているものの、再生されるケースはそう多くはないという。1分の動画を撮影するのはあっという間だが、いざ再生すると数十秒で退屈してしまう。これは、多くのユーザーが実感しているのではないだろうか。

撮る時と見る時とでは意識が大きく異なり、長くは見ていられないと分析
撮る時と見る時とでは意識が大きく異なり、長くは見ていられないと分析

 そこで今回加えたのが、AIによるダイジェストムービーの自動作成機能「AI Live Story」だ。動画を撮影すると即座に約15秒のショートムービーを作成するという。

 どうしてそのようなことが可能になるのか。ポイントはAQUOS R3に搭載された2つのカメラだ。1つは動画用の超広角カメラ、もう1つは静止画用の標準カメラ。この2つを使い、超広角カメラで動画を撮影しつつ、標準カメラで被写体や構図をリアルタイムで分析。笑顔の瞬間や動きに変化があるシーンなどを抽出し、スコア付けしていくという。これらの上位5~8シーンを時系列に沿って組み合わせ、さらにエフェクトやBGMを加える。スタイルは「スタンダード」「ファン」「リラックス」の3つがあり、見比べて好みの1つを保存できる仕組みだ。

2つのカメラを使って、いい構図を分析する
2つのカメラを使って、いい構図を分析する

 作成されるショートムービーの長さを15秒に設定したのは、テレビCMでも一般的で、ストレスなく見られる長さと考えられるため。SNSなどで共有しやすい点もポイントとなった。

 ハイエンドになるほど機能は豊富になるが、多くのユーザーはその実力を十分に生かせていない。その課題に向き合ったソリューションといえる。このアプローチは、同じくAIを使って被写体を判別し、ユーザーの設定不要で最適な画作りができるファーウェイと通じるところがある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>