ゲオホールディングスが米国で人気の新業態、オフプライスストア「Luck・Rack Clearance Market」を設立し、2019年4月25日に1号店をオープンした。中古品店「セカンドストリート」などリユース事業で得たノウハウを店舗運営に生かす。

2019年4月25日にオープンした「Luck・Rack Clearance Market コーナン港北インター店」
2019年4月25日にオープンした「Luck・Rack Clearance Market コーナン港北インター店」

 ゲオホールディングスの子会社であるゲオクリアが運営を担当するLuck・Rackは、衣料品や服飾品、日用品など売れ残ったブランドアイテムをメーカーや小売店から仕入れて、希望小売価格よりも低価格で販売する。5万点以上の商品を取り扱い、割引率は20~80%程度。1店舗でさまざまなブランドを品ぞろえする点がアウトレットストアやディスカウントストアとの違いとなる。米国ではこうした業態を「オフプライスストア」と呼び、近年人気が高まっている。

レディースのトップス。半額以下のお値段
レディースのトップス。半額以下のお値段

女性がメインターゲット

 主なターゲットは、30~50代の女性。この層は、仕事や子育てに忙しく、都心の百貨店にわざわざ足を運ばなくても「買い物のついで」に衣料品などを買える手軽さをメリットと感じてもらえると考えた。

COACHのバッグは1万円以下(左)、FURLAの財布はアウトレットショップよりも安い(右)
COACHのバッグは1万円以下(左)、FURLAの財布はアウトレットショップよりも安い(右)

 1号店はいわゆる郊外型大型店舗で、横浜市の港北インターチェンジのほど近くのコーナンモール内。100円均一ショップやスーパーマーケットが出店しており、IKEAも隣接している。ゲオクリア社長の川辺雅之氏は「この立地なら“買い物のついでに”というライフスタイルを提案できる」と、出店理由を話す。店舗面積は427坪。

ゲオクリア社長の川辺雅之氏、「宝探し感覚でショッピングを楽しんで欲しい」と店内のコンセプトを語る
ゲオクリア社長の川辺雅之氏、「宝探し感覚でショッピングを楽しんで欲しい」と店内のコンセプトを語る
コーナンモールにはIKEAが隣接している(写真奥)。平日でも多くの買い物客でにぎわう
コーナンモールにはIKEAが隣接している(写真奥)。平日でも多くの買い物客でにぎわう
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>