スポーツ用品店大手のアルペンが2019年4月19日、千葉県柏市に満を持してオープンしたのが「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」だ。約7600平方メートルという広大な売り場面積の同店は体験を重視。アウトドアをブームではなく、文化として定着させようという意気込みが伝わってくる。

柏市の国道16号沿いにオープンした「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」。アルペンはスポーツ用品販売を担う大規模店として「SPORTS DEPO」も展開するが、その柏沼南店だった建物を全面改装して作られた
柏市の国道16号沿いにオープンした「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」。アルペンはスポーツ用品販売を担う大規模店として「SPORTS DEPO」も展開するが、その柏沼南店だった建物を全面改装して作られた

好調な新業態における「体感型」旗艦店を関東に

 スポーツ・アウトドア用品販売を手掛け、全国で約400店舗を展開するアルペン。オープン前日に開催された内覧会では、同社の水野敦之社長と常務執行役員戦略企画本部長の二十軒翔氏が登壇し、新店舗「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店(以降、柏店)」の概要や特徴をアピールした。

 SPORTS DEPO柏沼南店を全面改装して新たにオープンした柏店は、3フロア合計約7600平方メートルという売り場面積を誇り、「日本最大規模、世界でも最大級」をうたう。その広大な売り場で、約450ブランド、10万点以上の商品を扱うという。

 アルペンは2018年から新業態として、アウトドア用品店の「Alpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)」、登山用品店の「Alpen Mountains(アルペンマウンテンズ)」を展開している。アウトドアーズは18年4月に愛知県春日井市に春日井店、マウンテンズは同10月に名古屋市に一社店をそれぞれ1号店としてオープン。ともに売り場面積の広さ、専門性の高さが好評で、車で1~2時間かけて来店する客も少なくないという。

アルペンの新業態と柏店の位置付けについて語るアルペンの水野敦之社長
アルペンの新業態と柏店の位置付けについて語るアルペンの水野敦之社長

 さらに同社は19年3月に京都宇治店(京都府)、フレスポジャングルパーク店(鹿児島県)、宇多津店(香川県)と立て続けにアウトドアーズ3店舗を開業。19年6月にはマウンテンズの2号店、練馬関町店(東京都)がオープンを控えている。こうした開店ラッシュの中、柏店はアウトドアーズとマウンテンズを合わせた新業態の“旗艦店(Flagship Store)”として、広大な売り場面積を活用し、コンセプトをより明確に打ち出す考えだ。

 「アウトドアシーンがイメージできる売り場」(水野氏)をコンセプトに、各社の製品を組み合わせて実際のキャンプシーンを演出したディスプレーコーナーや、体験スペースを豊富に設置。どんな道具をそろえればいいかというコーディネートの参考にできるだけでなく、例えばテントなら設営と収納を試せたり、バックパックならダミーのウエートを入れて背負えたりと、実際の使用感を確認して購入することが可能になっている。

フロア構成やそれぞれの見どころ、柏店の持つ強みなど、より具体的なセールスポイントを解説した常務執行役員戦略企画本部長の二十軒翔氏
フロア構成やそれぞれの見どころ、柏店の持つ強みなど、より具体的なセールスポイントを解説した常務執行役員戦略企画本部長の二十軒翔氏

他の追随を許さないスケールの大きさ

 柏店は1階にキャンプ用品、2階にアウトドアのアパレル、3階に登山やウインタースポーツ用品と、それぞれテーマが定められている。全体では約10万点の商品を扱うが、各アイテムの内訳を見ていくと、その充実ぶりが実感できる。テント約330種類、チェア約320種類、ランタン約200種類、トレッキングシューズ220種類、バックパック約1000種類を取りそろえ、「どこにも負けない」(二十軒氏)と言うだけのことはある。

 これだけのアイテム数を誇りながら、売り場に商品を詰め込んだ“窮屈さ”はない。例えば2階のキッズスペースには、外遊びのおもちゃを体験できる約400平方メートルものプレイエリアを設けている。同じく2階の本を取り扱うコーナーにはスタンド式のハンモックを置き、ゆったりと本を読めるようになっている。2階の自転車、3階のスキー・スノーボードの売り場には、それぞれ道具のメンテナンスや取り付けを行ってくれるラボも併設。何かとかさばるアウトドア用品を保管するため、月額4000円で借りられるレンタルロッカーまで用意した。このように、商品の展示以外に使われているスペースが各所に見られるのだ。

 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)やSnow Peak(スノーピーク)、WEBER(ウェーバー)、Coleman(コールマン)、LOGOS(ロゴス)、DULTON(ダルトン)と、ショップインショップが6ブランドにも上るという点も、広大な売り場を誇る同店ならでは。しかもスノーピークは約200平方メートルと日本最大級。ザ・ノース・フェイスは2階と3階の2フロアで展開し、直営店以外では最大規模だ。ダルトンもアウトドアショップへは初出店と、その規模や内容は注目に値する。

スノーピークは店内にショップインショップを設けるだけでなく、エントランス前のガーデンエリアにアウトドアコーヒーを提供する「Snow Peak Cafe」第1号店をオープン
スノーピークは店内にショップインショップを設けるだけでなく、エントランス前のガーデンエリアにアウトドアコーヒーを提供する「Snow Peak Cafe」第1号店をオープン
Snow Peak Cafeのキッチンは世界的建築家の隈研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱 -JYUBAKO-」
Snow Peak Cafeのキッチンは世界的建築家の隈研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱 -JYUBAKO-」
タウンユースでも高い人気を誇るザ・ノース・フェイスは、2階と3階の2フロアに渡ってショップインショップを展開。アパレルからバッグを中心とするギアまで幅広い商品を販売
タウンユースでも高い人気を誇るザ・ノース・フェイスは、2階と3階の2フロアに渡ってショップインショップを展開。アパレルからバッグを中心とするギアまで幅広い商品を販売
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>