5月24日、ANAはジャンボジェットを上回る超大型旅客機「エアバスA380」を成田-ホノルル線に投入する。いち早く機内を取材して見えてきたのは、エコノミークラスの座席数で他社を圧倒しつつ、上級クラスの上質化で単価アップを狙うANAの戦略だった。

 A380は機体の前方から後方まですべて2階建て構造。1階の客室は全席がエコノミークラスだ。一方2階は、前方からファーストクラス、ビジネスクラス、そしてプレミアムエコノミーと上級クラスの座席が並ぶ。

 “空飛ぶホテル”との異名も持つA380だが、1階のエコノミークラスを見る限り、現在ホノルル線に投入されているボーイングB787-9と大きな違いは感じない。確かに客室の横幅は広いが、横3+4+3の計10列配置で、座席幅が特段広いわけではない。既存機材の座席から変更されたのは、ヘッドレスト部に首をサポートするクッションが加わり、9インチだった液晶モニターが13.3インチに大型化された点など、一部にとどまる。

横10列でズラリと並ぶエコノミークラス
横10列でズラリと並ぶエコノミークラス

 客室後方の6列(60席分)は、レッグレストを跳ね上げると幅65センチのベッドのようになる「カウチシート」を国内航空会社で初採用。ただし、横になる場合は複数分の座席を抑えなければならず、追加料金がかかる。

横になれるカウチシート。男性の場合、4席分を使えばスペースに余裕があった
横になれるカウチシート。男性の場合、4席分を使えばスペースに余裕があった

ファーストクラスは割安感あり

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>